« ブラッディ・マンデイその6 | トップページ | *ほんとにい »

*やくたいもない

漢字で書くと「益体も無い」。やくたいの意味が「役に立つこと」なのでそれが無いということで役に立たない。

つまり「しょーもない」ということになる。

「益体も無い」で辞書引くと「だらしない・たわいない」と書かれてあるが遠州ではあまり「だらしない」と言う意味合いでは使われていないと思われる。

方言ではなく古い日本語が生き残っているということであろう。遠州でも死語化しつつあることは確かでもある。

普通は「しょーもねえ」とか「しょんないこん」とか「馬鹿やってんで」とか「あほくさいこんせるじゃねーよ」とかまあ諸々言い方があるが「やくたいもない」は希少ではある。

ちなみに「やくたい」単独での使用はまず滅多に耳にすることは無い。どういう使い方をしてたのか想像がつかない。

例文

「やくたいもないこんしくさるじゃねえよおんめえ。」

  (しょーもないことするんじゃないよお前。)

|
|

« ブラッディ・マンデイその6 | トップページ | *ほんとにい »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラッディ・マンデイその6 | トップページ | *ほんとにい »