« はままつ映画祭2008 | トップページ | 流星の絆その5(第6話) »

*いん・えん

出来ないと言う意味。関西風な感じがする言い回しである。遠州でも使うよということで。「ひん」はほとんど使わないかな「へん」は使うけど。

「書きいん」(書けない)・「やりいん」(出来ない)・「着いん」(着れない)

「いん」と「えん」の違いは、そうたいした違いはないのだが、

「着いん」だと、好みとかの理由で着れない(着ない)。

「着えん」だと、着方着こなしサイズとかの理由で着れない。

「行きいん」だと行きたくないという感情的な理由で行けない(行かない)。

「行きえん」だと道を知らないなどの理由で行けない。

例として、「一人じゃ行きいんだら?」(一人だと行きにくいんだろ?)

「一人じゃ行きえんだら。」(一人じゃ行けないんだろ。)

例文

「重たいで一人じゃ持ちいんだらあ。わしも持っちゃろか?」

  (重たいから一人じゃ持てないんだろ?俺も持とうか?)

「馬鹿こいちゃかんこれくらい持てんでどうせるでえ。」

  (冗談言うなよ。これぐらい持てないでどうすんのさ。)

「でも道知らんだらあ?こんな重たいの迷いがつらずうっと持って行けるだか?行きえんらあ。」

  (でも道知らないんだろ?こんな重たいのを迷いながらずうっと持ちながら行けるのかい?無理だろうに。)

|
|

« はままつ映画祭2008 | トップページ | 流星の絆その5(第6話) »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はままつ映画祭2008 | トップページ | 流星の絆その5(第6話) »