« ジャッジⅡ・島の裁判官奮闘記 | トップページ | 夢をかなえるゾウその6(第5話) »

*くっちゃねくっちゃねえばっかしてるもんで

食べては寝てまた食べては寝てばかりしてるから、つまり堕落してるぞと言う意味。

この表現が方言かどうかはとても怪しいのだがそれなりによく使う表現なので記載。「ばっか」(ばかり)はついてもついてなくても特に意味の変化はないので省略されるときもある。

ニュアンス的にはあえて説明の必要は無いだろうが自堕落な様を表現している。したがって言葉通りの寝食以外の場合でも使われることがある。

決して褒め言葉ではなく批判的な言い回しだが角が立ちにくい言い回しとして重宝されるところである。

例文1

「なんか腹の周りがやばいよ。」

「くっちゃねくっちゃねえばっかしてるもんでえ。」

「くっちゃねくっちゃねえばっかなんかしちゃいんわ。そんな昼寝とかなんかしちゃいんでねえ。食うだけでえ。両方なんかやっちゃいんにい。」

「食いながしだったら余計悪いわ。」

例文2

「なんかヤル気ぃでんだわ。なんでかねえ。」

  (どうもヤル気がでないんだよね。どうしてだろう。)

「くっちゃねくっちゃねえしてるもんでだら。」

  (のんべんだらりんとしてるからじゃないの?)

|
|

« ジャッジⅡ・島の裁判官奮闘記 | トップページ | 夢をかなえるゾウその6(第5話) »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャッジⅡ・島の裁判官奮闘記 | トップページ | 夢をかなえるゾウその6(第5話) »