« 処遇に困る波乗りレストラン | トップページ | 8の字というお菓子は知らない »

*ばかどんじかられた

これ以上は無いという最大級のお叱りを受けたと言う意味。とはいっても左程懲りてないか若しくは空元気かで応えてない場合に使うことが多い。

例文

「いやあもう、ばかどんじかられた。」

「誰にい。」

「角のくそおやじい。」

「なにしたでえ。」

「なにもせんよお。歩くってたらいきなし『こらあ!』とかぬかすだもん。」

「子供とみりゃあいっしょくたあだで区別つかんだらあ。」

「かもしれん。なんかこわいたつってひゃあひゃあゆうとったもん。」

「人違いだの。完全に。」

「いい迷惑だよホント。ついてんやあ今日は。」

|
|

« 処遇に困る波乗りレストラン | トップページ | 8の字というお菓子は知らない »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 処遇に困る波乗りレストラン | トップページ | 8の字というお菓子は知らない »