« 夢をかなえるゾウその2(スペシャル) | トップページ | *やったらあ »

ガリレオエピソード0

いやあ、実に面白い。犯人についてはさっぱり判らない、誰が犯人なんだか分からないと言う世界とまでは流石にはなかったですが、とてもガリレオの世界にはまりましたです。映画の方は10/4初日ですが混んでるのが嫌いでまだ観てないんですが大きなスクリーンで観たくなりましたこの世界を。

時間があっという間に過ぎましたです。いい作品の条件ですよね時間を忘れる位その世界にトリップするってのは。どうやって犯行を遂行したのかそのトリックが最後の方まで分からず観てました。すんげえ専門の世界なんで分かる訳なかったですけど。終わってみればなるほどと。

今回は内海刑事(柴咲さん)がまだガリレオ(福山さん)と出会う前の過去に遡ってという設定で、紅一点なのが塩野谷(長澤さん)というところと、草薙(北村さん)とガリレオのコンビというのが新鮮でありました。渡辺いっけいさんとのコンビは不変でしたが、学生時代のエピソードとかもあり2時間がとても早かったです。

お話しは原作の2つの物語を合体させて構成されたもののようですが、昔っから変わんない湯川という変人ぶりが垣間見えて面白かったです。同じ人間なんだから口癖とか当然同じなんですけど、学生時代の三浦春馬さんは雰囲気までガリレオでした。学生の時代はAランチで今もBランチがお昼ご飯。80円アップしたとはいえその行動はほぼ現在と変わらない。この人は将来も一生変わらないんだろうなと思ってしまいました。

それにしても犯行に及ぶ動機は切なかったですねえ。不肖の息子の突然の出現で晩節を汚された訳ですが、自分の自尊心とかではなくて後に残る者に対しての労わりの気持ちからというのが切ないです。しかも湯川先生すら敬意を表する努力家の優れた研究者というばかりでなく一代で会社を築き上げ社員に慕われる人格者。人間模様だけ見るとなんだかなあというはかなさすら感じましたです。殺された人間以外みんな善人というのもなんか殺されて当然みたいな想いにすらなってしまいます不謹慎ですけど。

それだけあの短い出演シーンで悪党三昧見せ付けてる浪岡一喜さんのインパクトが凄かったということにもなるのですけど。

蟹江さんの達観とした飄々さの演技が余計そう思わせますです。あれで目をぎらつかせてなんかされてたらやっぱ欲じゃんか動機はって思っちゃいますもんね。取調室でパイプ椅子に座ろうとしてこけてしまうシーンなんか特にジーンときちゃいました。

長澤さんは跳ねておられましたねえなんか。湯川先生に淡い恋心を抱く恋に奥手の理数系朴念仁っぽい女子大生という役でおましたが、えへへという雰囲気かましてる時はいい味出てますです。しょっぱなの実験で泡まみれになっちゃうシーンと香理奈さんと応接室で向き合って会話するシーンとかが印象に残りましたです。十分めがねっ娘いけますですドラマとは関係ないあくまで個人的に感じた感想ですけどえらく足が細く見えて、モデル体型よりも健康的なスタイルの方がもっと色んな役(庶民的な)がこなせるんじゃないのかと思ってしまいましたです。目を見開くよりも自然に開いてるほうが素直な演技ができるんじゃないかとも。ただでさえ手足が長いんですから顔まで大仰だと大袈裟に見えてしまう危険性を感じます。でも手の動きが表情豊かでいいですよね。あくまで個人的な感想です。

香理奈さんの役がドラマとしては最も重要な役だったような気がしますです。こいつが犯人じゃないのかと観てるものを惑わせる役目とこの人に不幸を背負わせたくないと思わせる人間性を表現しなければならないのですから。理想を言えばガリレオが真相を究明するまでは絶対こいつが犯人だろうと思わせ、解明された後はこんな善い人だったんだと思い直すというパターンなんでしょうけど。車椅子に乗せて犯行は不可能なんじゃないのかと思わせたり事ある毎に恋人になにがしかひそひそ話ししたりと装飾つけられてましたけど、基本香里奈さんって正直者のイメージがあるんであまりたばかられなかったです。別に香理奈さんがどうのこうのじゃないのですが、見た目悪女(悪党)で実は善い人なんて役こなせる人この年代でおられるのかしらむとつい思いを巡らしてしまいました。でも誰がってイメージ湧かなかったですけど。

草薙刑事と内海刑事とのコンビの違いはやっぱ新鮮というか相手をよく知っていてお互いを尊重してる距離があって落ち着いた感じに映ります。感情論を優先する内海刑事と理論のみを追求するガリレオとの水と油みたいなコンビとは違った男同士のコンビもなかなかでした。若干渋めになりがちなとこを渡辺いっけいさんと長澤さんがご陽気に空気を入れ替えてるようでこの二人パワーも強力でバランスよく感じました。そういう役回りを一人でこなす柴咲さんの凄さを再確認した訳でもありますが。

それにしても水着ギャルには反応する湯川って不思議。これこそまさにさっぱり分からない。単純に疑問に思ったんですけどこの人に痛みという感情があるのか知りたくなりました。あのゴルゴ13でさえあるのですからまさかないということはないのでしょうけど。超人喩えに出したついでに言えば、いきなし海に飛び込んでなにするねんと思ったら凶器探しに行ったのですね。あんなちっちゃいの服着てしかも裸眼で見つけるなんてこの人も超人でした。

景色も綺麗だしワクワクしてた観る前の期待感を裏切ることなく愉しめました。

|
|

« 夢をかなえるゾウその2(スペシャル) | トップページ | *やったらあ »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢をかなえるゾウその2(スペシャル) | トップページ | *やったらあ »