« ブラッディ・マンデイその3 | トップページ | 我はゴッホになる!愛を彫った男・棟方志功とその妻 »

*だてで

「伊達や酔狂で」(形だけやものずきで)の省略形と思われる。

「伊達」だけだと共通語では「派手や人目につくような行動や様子」とか「外見を飾ろうとする様子」とか言う意味合いでありこの場合で使われる「形ばかりの」という意味使いとは若干離れている。もちろん上辺のということでは同じ意味ではあるが。

これを遠州弁とするには随分と無理があるが、はしょってこういう言い方を全国的にしてるか疑問なのと、遠州では普通に使って錆びていない現役として残ってるということで一応記載。

例文

「あんたねえ。だてできたじゃないだで。頼み事あるなら言いなよぉ。でけるもんだったらやってあげるで。」

  (あのねえ、形だけ取り繕うために来たんじゃないんだから、頼みたいことがあるなら言って頂戴よ。出来ることなら協力するから。)

「すまんねえ。急な入院で動けんくて。悪いだけど入院の保証人。名前貸して貰えんかねえ。」

急に入院なんかしたりして、近くに親戚とかが居ないと入院の際の保証人になってくれる人を探すのに大変な時があったりする。治療費踏み倒しをはじめとしたトラブルの際に必要なものであろうが、こういうことを頼める人というのは存外居ないものである。普通に社会生活していてさえそう感じるくらいだから引き篭もりとかで社会で他人と接していないと困るようなこういうことは結構あるものである。

|
|

« ブラッディ・マンデイその3 | トップページ | 我はゴッホになる!愛を彫った男・棟方志功とその妻 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラッディ・マンデイその3 | トップページ | 我はゴッホになる!愛を彫った男・棟方志功とその妻 »