« *おさきいね | トップページ | *しょろしょろ »

鉄腕バーディーDECODE

基本私はゆうきまさみファンですべからく諸手を挙げて何事にも礼賛する方なのでありますが、この最新のバーディーは流石に時代を感じますです。今風と言うことで。静岡県では放映されてませんのでDVDでしかのみ観る事が出来ませんので今書いてるのは第一話の印象です。

先に結論書けば、馴れるに大分時間がかかりそうだけれど馴れてしまえばこの世界感を楽しめそうな予感がしますです。映像に関してはアニメをそう観ないのでただ享受するのみです。音に関しては凄いなと思います。

登場人物とかはお初にお目にかかるお方もおられますがまあほぼお見かけしたキャラクターの皆様方がうち揃っておられます。多分原作とは異なるオリジナルストーリーなのでしょうけれど、細かい設定とかを大分変えてありまして。例えば親を転勤といって離す辺りは大人を排除して自分達だけの世界の中で話しを進めようとしているのかしらむとさえ思ってしまいました。つまり展開に関係ない傍観者は極力排除してこうというのかなと勘繰ってしまいそうなんです。

小出しに登場人物を登場させていくのではなく一気に初回から隠し玉以外は出せる限り登場させようとしてるのも違いを感じはしました。だから両親とかあまり展開に関与しないキャラを外したのかなと思ってしまいました。普通に生きてる凡人千川というキャラではなさそうです。親の目周りの目に捉われることなく行動する時間が増えるってことが理由なのかもしれませんが高校生の一人暮らしが普通の生活環境でないことは確かでしょう。

キャラ設定もバーディが若年化した風に映って違和感を感じます。もっとも売れない(売らない)アイドルという仮面から受ける印象のせいでしょうけれど。

バーディーに限らず早宮のイメージは分別ある勘の鋭い子というイメージがあったんですが、いきなり廃墟にて大人に噛み付く辺りはキャラのイメージの差し替えが必要なようで。どうも慣れるのに時間がかかりそうですたい。

|
|

« *おさきいね | トップページ | *しょろしょろ »

3・DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *おさきいね | トップページ | *しょろしょろ »