« なんだかなあ11 | トップページ | 夢をかなえるゾウその1 »

*さっきいからそをゆってるじゃんかあ

「じゃん」の使い方ということでし行に区分。

「さっきいからそをゆってるじゃんかあ。なにいってるよお。」

  (さっきからそう言ってるじゃないの。なに聞いてるんだ。)

「じゃん」は神奈川発祥の言葉として定着しつつあり、特に説明は要らないのだろうが、「じゃんかあ」・「じゃんねえ」・「じゃあん」・「じゃんらあ」とかは三河・遠州近辺でしか使わないらしい。

脱線するが、上記の文章を別の言い方にすると

「さっきいからゆってるらあ?なにょこいとるだあ。」

いちゃもんをつけるなと言っている。共通語だと聞いてとんちんかんなこと言ってるということで聞き方を咎める表現のところを遠州では誤った解釈で言う内容を咎めるという違いがある。

これの語気を強める表現は「あんたなに聞いてたよお」となることが多く、ここでようやくなに聞いていたのかと問うことになる。

整理すると、第一段階は聞いたことは理解してるだろうけど表現としておかしかないか。第二段階で聞いたことすら理解してないんじゃないかと分かれているということ。

例文

「えーと、そうするとさいにゃこの道まっつぐいきゃあええだね?」

  (そうするとこの道を真っ直ぐ行けばいいんだね。)

「ずうっとさっきいからそをゆってるじゃんかあ。なに聞いてたでえホント呆けただか。」

  (ずっとさっきからそう言ってるだろうに。なに聞いてたんだよ?物忘れがひどくなったのか?)

「ひどい物言いだやあ。違っちゃかんと思って確認しただけじゃん。」

  (随分な言い様だなあ。間違えちゃいけないと思って確認しただけだろうに。)

「きんのうから何回聞きゃあ気い済むだ。」

  (昨日から何回同じ事聞けば気が済むんだ?)

|
|

« なんだかなあ11 | トップページ | 夢をかなえるゾウその1 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんだかなあ11 | トップページ | 夢をかなえるゾウその1 »