« セレブと貧乏太郎その3 | トップページ | トンスラその2 »

*くえすと

食えすと。食べられると・食べれるかととか言う意味。

「これくえすと思ったら食品見本だった。」(これ食べれるかと思ったら食品見本だった。)

「これくわすと思ったら食品見本だった。」(これ食べようかと思ったら食品見本だった。)

「これくれすと思ったら食品見本だった。」(これくれてあげようかと思ったら食品見本だった。)

「~すと」という表現が味噌な訳であるがそれだけじゃなんのこっちゃいとなるのでそれなりに。基本は「~しようかと」・「~するつもりで」とかいう意味合いになる。がそれだけでもないのが説明するに面倒で奥深い。なんか「~せんと欲す」みたいな感じがするのは私だけだろうか。多分古い日本語の名残なんだろうなと思えてくる。

「そんなこん言わすと」だ「そんなこと言わないで」となる。

上記のような使い方もあるが、大抵は「~すと思ったら」と言う風に「~しようと思ったら」・「~するつもりでいたら」とかいう使い方をすることが多い。

冗談だが、「ドラゴンクエスト」だと遠州弁では「龍食べれるかと」と翻訳できる。

例文1

「これくえすと思う?」

  (これ食べれると思う?)

「匂いがなあ。ちっとやばかない?」

  (匂いがさあ、なんかやばくないかい。)

「だらねえ。じゃあほかすかあ。」

  (そうだよねえ。それじゃあ捨てるか。)

「そうしないその方いいって。」

  (そうしなよ。それがいいよ。)

注、「食えると思う?」でもいいじゃないかという指摘もあろう。確かにその通りではあるが勘弁してくりょう。

例文2

「犬に餌くれすと思ったら鎖はずいて逃げとった。」

  (犬に餌あげようとしたら鎖を外して逃げてた。)

「駄目じゃんちゃっと探さにゃあ。」

  (駄目じゃないのすぐ探さないと。)

「今やらすと思っただよ。知らんじゃ困ると思って言っただよ。」

  (今からやろうと思ってたの。知らないじゃ困るだろうから言ったの。)

「いついんくなったよお。」

  (いついなくなったの?)

「知らんだわ。」

  (わからない。)

|
|

« セレブと貧乏太郎その3 | トップページ | トンスラその2 »

1-2・遠州弁く行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セレブと貧乏太郎その3 | トップページ | トンスラその2 »