« 最近のとくダネ!ぶっとんでないかい | トップページ | そういう運転こええぞ »

*さんざっぱら

よく使う言葉なのだが、じゃあ共通語に訳せとなるとはたと困る言葉である。そもそもこれ自体共通語だからだろうか。

「さんざっぱら使っといて」だと「使うだけ使っといて」と訳すのが妥当か。

「さんざっぱらな目に逢った」なら「散々な目に逢った」となるので、「散々」という訳で良いかと言うとそうでもない。

「さんざっぱら三方っぱらで迷った」だと「これでもかというくらい三方原で迷った」という訳になる「さんざっぱら」。

検索してみると、群馬の方言でもあるようで、「甚だしい様・量や回数が多い様」と説明されている。分布的には関東辺りの方言とされてるようであるが遠州でも使われている言葉である。意味的には大体そうなので多分同じ用法であろうと思われる。

広い地域にわたる表現であるが「~っぱら」という言い回しは非常に遠州弁っぽい感じがする。

例文

「なによーさんざっぱら売れ売れっつっといてこんだあ売るなだ?」

  (なんだよ。あれだけ売れ売れって言っておいて今度は売るなってどういうことだよ。)

「しょんないじゃん。生産追いつかんっちゅうだもん。」

  (しょうがないだろ生産が追いつかないって言うんだから。)

「えらいさんはなに考えてるよー。売る方の身にもなれっつうだよ。」

  (お偉いさんは何考えてるんだ。売る方の身にもなれっていうの。)

「まあそーいわすとお。何もまるきし売るなって訳じゃないだで。」

「おめーなあ。ひたすら頭下げてきて、こんだあ売れんじゃ信用なくすにい。」

夢見たいな話しである。例だから幾らでも書けるけど。

|
|

« 最近のとくダネ!ぶっとんでないかい | トップページ | そういう運転こええぞ »

1-2・遠州弁さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のとくダネ!ぶっとんでないかい | トップページ | そういう運転こええぞ »