« *そんななあなあやあ | トップページ | *きいきかんひとだやあ »

夢をかなえるゾウその4(第2話)

スペシャルで言っていた教え「閉塞感の時こそ運がいいと言え」という奴。試しにこないだ実践してみました。っていうかもともと悪いことが続けばその後はいい事があるという、ついてるついてないは交互に訪れるという考えを持っていたのでそれの変形なんですけどね。

以前は、仕事がしんどい理由は家では幸運でいたいから仕事ごときで運を使い切りたくたく無い。と思い込むようにして仕事は辛いものだと自分に言い聞かせていました。つまり災い転じて福と為すという良い方に解釈するのではなくじっと耐えた後に日は昇るという精神でした。

で、まあ具体的に何したかははしょるとして、要は職場においてイレギュラーの対応に幾つか追われてついてない上に、ミスが重なりどよよんとした空気が支配してたもんで言ってみたんですわ「運がいいわ。」と。

ほんでどうなったかというと、「なんで?」と問われました。当然ですわいな。で、答えられませんでした。ドラマだと機転が効いて新しいアイデアで危機が去ったのでしたが、自分アイデアありませんでした。なので「お気楽でいいよねえ。羨ましいわ。」でちょんでした。

こういうのは機転(アイデア)も無く闇雲にいったところであまり効果はないと思いました。でも気分的にはなにかいいことに変わるかもと考える気には確かになりました。ある意味耐え忍ばなんで嵐が過ぎるのを待たなくてもいい方法が出て職場が楽しくなるかもという期待感が少しですけど湧いてきたようなこないような。ん~びみょー。

とまあ、どうでもいい話しはここまでとして、第2話のお話し。

30分でもなし60分でもなしの40分と、不思議な未体験の時間のような気がしますです。コマーシャルと分けると正味30分弱。これでオープニングとエンディングしっかりついてて。正直どっちかだけでいいんじゃないかと思わなくもないです。

前回「左手を使え」のオチ(効果)が語られるのかと思っていたのですが、それはあっさり「今まで自分が見たことも無い世界を見てみなさい(違う視点で物を見れば視野が広がること)」と種明かし。今回のメインは合コン必勝にむけてのドタバタする様のようでした。もちろん合コンでも課題をこなせと言ってられましたからきちんとしたオチ(効果)は新たに追加された「ボディタッチ」と共に次回以降で提示されるのかもしれませんが。

しかしまあ、あの部屋での出来事はなんか舞台の芝居をみてるかのような錯覚に陥りました。登場人物が突飛でしかも仰々しい。これをギャグと言わずしてマジで観れるかという勢いでありました。

スペシャルで隣から「うるさい!」と注意されてた下宿だけれど、一晩中騒ぎまくって大丈夫なんかとハラハラしましたがそれはクリアーだったようです。気になったのはおみくじの信玄公とシーザーは「あたり」でアントワネットが「はずれ」だったこと。もしかしたら信玄公とシーザーのアドバイスはあすかにとって幸運を呼び込むもアントワネットのアドバイスは不幸を招くんじゃないのかなんて思いながら観てました。なにしろあの洋服のセンスはそりゃ世間様振り向くよなあ笑みがこぼれるよなあでしたもん。後ろ指差さないのは都会人の無関心によるものか。地方都市なんかであんないでたちしてたら暫く都市伝説として語り継がれますよホント。またそういうの売ってる店があるってのも大都会ならではでしょう。普通買い手がいなくて潰れちゃいますよ地方だと。

で、合コンの会場に言っても指令が入ってドタバタが執り行われていくのですが。その場に置いてのアドバイスが「教え」なのかどうか分かりませんが、まあ一応気がついた項目を列記しときます。

「本気で行くことが最大の防御。」byシーザー。周りの空気に目もくれず声高に宣言するあすか。みんな引くわなあ。大丈夫か自分。

「喋るな。」byガネーシャ。

教えはともかくこれじゃまるで空気を読まない女あすかこれにありって感じに映ります。しかも本人の意に反して。でも嫌々ながらもしれっと実行するあすかって太っ腹?

でもこれで合コン上手くいくとはとても思えないんですけど。はたしてどういうオチを見せていただけるんでしょうか。おもしろくやがてはかなき合コンかなといういとをかし的祭りの後の侘しさが待っているんでしょうか。もっともガネーシャが合コンが成功するが如き安っぽい夢がどうたらこうたらのたまわれていたので成功せずともこれもまた良しなんでしょうけど。

それにしてもやることなすこと災いを引き寄せてるように映るんですけどこれって災い転じて福と為すという方向なんですかねえ。

今回はなるほど、自分も実践してみようかしらむと思えるような教えは見受けられませんでした。その代わりキャラクターの飛び跳ねようが面白かったです。古田さんの独壇場のような世界ですけど水川さんも33分探偵の次のこれですから違和感ありませんで丁々発止感がしてます。祭りを観てると思えば楽しいです。オチが見えてこないから愉しいかどうかは不明ですがスペシャル見た限りでは笑ってポンという感じではなさそうです。

|
|

« *そんななあなあやあ | トップページ | *きいきかんひとだやあ »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/42740577

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をかなえるゾウその4(第2話):

« *そんななあなあやあ | トップページ | *きいきかんひとだやあ »