« 33分探偵その6(第7話) | トップページ | 何故かエラーが続く »

ありがとう!チャンピイ・日本初の盲導犬誕生物語

私は犬派です。犬とも猫とも共に暮らしたこともありますが犬派なのです。なので、犬をだしにした作品は感動作品でなくとも惹かれてしまうのでこれは卑怯だと思ってしまう性質の悪さを私は有しています。ほんの数分の「今日のわんこ」ですら場合によっってはその運命に惹かれてしまうくらいです。ですのでそういうことに極力騙されたくないので、天邪鬼的に逆に観ないようにしているのですが。

この作品には、ユイカと福田麻由子さんが出演なさっているのでついつい観てしまいました。

で、案の定せつなくて。しかも止めを刺す(私に対して)かのように「永久の別れ」まで描くと言うことまでされて役者さん愛でてる暇がありませんでした。とにかく目線が犬のほうに吸い寄せられて普通に役者さん観てられないでありますわ。

しかしまあせっかくいい作品観れたんですから感想捻り出さないとと思い早送りと消音機能を活用しながら再度見直しして書いてます。主題に関しては盲導犬の理解と普及という側面も併せ持ち尚且つパイオニアゆえの苦難の歴史を知るものなので私のようなおちゃらけた感想を書く輩(やから)が言及したらいい話が台無しになるので書かないこととします。事実に基づいたお話しなので失礼があっては申し訳ないので。

ユイカ。「あなた」と言える歳の役を仰せつかった訳で、我が子が幼稚園ぐらい?ということは三十路までを演じていたのかしらむ。化粧(けわい)で誤魔化すタイプじゃないということははっきりしたので、そもそもが古風なイメージが備わっておられるんでしょうか。昭和の世界にいても違和感がありませんでした。清楚な感じでいいとこのお嬢さんという感じでしたが、一般ピーポの庶民的な逞しさを併せ持つ役とかも演じられることが出来るのか観てみたい気がしましたです。強いて突っ込み入れるならあの時代の人にしてはえらく髪の毛サラサラだなあと。ごわごわだったとまでは言いませんが。

色んな昭和のファッションに身を包んでおられましたがホント違和感なく、ともすればドラマの流れが暗くなりがち(深刻)に向いてしまうところを明るいイメージに戻してくれたような感じがしました。ご自身は無理せず年相応に背伸びすることなく生きておられるようで、歳をさば読むとかいうテクニックはお持ちではないようで、きちんと三十路に見えたかと言うと疑問は残りましたけど。だから別にそれがどうしたという話しではないんですけど。セーラー服にはゴンゾウで挑戦されてましたけどすんごいハイテンションに演じ分けておられましたがもう違和感が生じるんでしょうかねどんな髪形にしても多分。夫婦に見えたかと言うと微妙でありました。なんででしょうかねえ。

福田麻由子さん。相変わらず幸薄くATフィールド全開という役をきっちりと演じておられました。そしてその厚く閉ざされた心の壁が瓦解する様までという説得力D難度級の技を無理なく演じておられましたが、はまり役というか専門職にはなっては欲しくないお方です。演歌の花道でややコメディよりの演技が印象に残ってますが、ああいうあっけらかんとした役どころも観たいお方です。そういえばちびまるこでのお姉ちゃん役もありましたっけ。

伊藤淳史さんは頑張れ若造のイメージが私には強いのか、一所懸命でも何故か可笑しげに映る感覚がどうにも抜けなくて、電車男や西遊記のようなおもしろくやがて勇ましき男かなというパターンイメージが抜け切れませんです。硫黄島戦場の郵便配達やこのドラマなどのようなお芝居のイメージにも馴染まないといけないようなのですが、どうにも抜け出せていませんです。

高島政伸さんは、まさに昭和の男って感じでおました。今はほぼ死滅したんじゃないかと思えるような「いっこく」という言葉がドンピシャという感じです。当たり前ですが一途といっこくは違いますから。夢を追って動くのと覚悟を決めて臨むのとの違いでしょうかねえ。苦労を苦労とも思わないのではなく苦労は苦労と感じた上でそれでも突き進む勢いが「いっこく」ぽかったです。

背景については気合いが入ってる感がありました。時代的には私の記憶してる以前なのですが砂利道と商店街の軒下の乱雑さや裏道の猥雑さが地方の人間である私でさえもそうそうという気にさせてくれました。車道に自転車やぽんぽんの姿が見られず車だけが走ってるというのはさすが都会といっていいんでしょうか。単なるノスタルジックな懐古ではなく傷痍軍人さんや子供の身障者に対してえげつなく囃す様とかも描かれていて、今よりもっとあった貧富の格差とか露骨にしかも何気に差別用語が飛び交っていたらもっとリアルに映るんだろうなとは思いましたがそれは舞台や映画の仕事か。

ふと思ったんですけど、当時の映像とかがモノクロで差し挟まれていたんですが、あれってCG処理かなんかで色つけてドラマと同じ色調の映像にならないものかと。そうすれば違った感じになるんじゃないかと思えましたです。もちろん素人のたわごとですけど。

|
|

« 33分探偵その6(第7話) | トップページ | 何故かエラーが続く »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 33分探偵その6(第7話) | トップページ | 何故かエラーが続く »