« ゴンゾウ・伝説の刑事その10(第10話) | トップページ | *東名 »

正義の味方第10話

笑った笑った。終わり頃になってようやく槇子(山田さん)に笑えた。で、最後はほろりと来たと書くのも癪なので決まった決まった。

対比の画づらが効果的な印象を強く持ちましたです。

それにしても外国に行かないのも子供が授かったことも誰にも何も言わない人でおました。普通言うだろうと思うんですが、まあそれで話しがややこしくなって面白おかしくはなったのですけど。やはり謎多きお方ですお姉ちゃんは。もっとも演じておられる山田優さんご本人が厭味の無いあっけらかんとしたイメージなお方なのでそのオーラに助けられた部分が多分にあるのですが不思議な人間です良川槇子と言う人は。ホント理解不能でありました。唯一私でも分かることは家族が好き直樹(向井さん)が好きということくらいでしょうか。損得勘定でないところが救いです。直樹が槇子の本性を知っても好きだというのは驚きですけどまあ蓼食う虫も好き好きということなのでしょうおそらく。

虐げられてばかりの妹も、志田未来さんの苦労を屁とも思わない逞しさのイメージがあるからこそ笑って見れたのですが、結果ブログ本が売れて良かった良かったということなのでしょう。陸との出来事はひと夏の淡い記憶なんでしょうかね。さすがにあそこまでは万事目出度しとは行かなかったように見えましたけどそう言う解釈であってるんでしょうかねえ。志田さんには他にも艱難辛苦の果ての幸薄いという側面のイメージもこびりついてるものですから恋が成就するのはなんとはなしにイメージになかったのでそう思えたんでしょうか。あまり恋する乙女の周りが見えなくなるような演技は得意とされないのでしょうかなんて書いたら絶対怒られますよね。すいません。実のところは甘酸っぱ過ぎて見ておれんかったので注視してませんでしたです。

嫁姑戦争の決着(表面上?)はあまりにもあっけなく、ここまであっけないと返って平和な人達だとさえ思えるくらいの能天気さを醸し出す勢いでありましたが、一時休戦なんだろうなとやっぱり思わずにはおれません。日に日に良川家のご両親がより軽薄になってくように見えたのはご愛嬌なんでしょうか。

いつもは泰然自若としてでんと構えているお母さん(田中さん)が良川家ご一行が離縁の話しに来た時はお父さん(佐野さん)がなだめ役に回るような勢いでありまして、いつもと違う景色でありました。これはただ事ならぬことというのが伝わってきました。ああそうですか可愛い我が子をそうまで悪く言われてまで添い遂げて欲しいとは思いませんとか言うのかと思いましたんで、なにを言うかと激しく口論に至ったのは予想外でした。予想外と言うか意味不明なのがお姉ちゃんの涙の真意も予想外ではありました。あの涙のシーンは大分意外なことの連続でした。

子はかすがいとは正にこのことを言うのだという展開で全て一件落着となったのですが

それにしても全て決着つけて終る様はお見事でありました。まさしく終りよければ全てよしという展開でした。ここまであっけらかんとしているのは好物です。続編への色気なんか見せて中途半端に余韻を残す残尿感を味わうよりも綺麗さっぱりこれでお開きという方がすっきりです。もちろんもし続編があればこの家族好きですので嬉々として観ますけど。

ドラマにおける最後の正義の執行は電波に乗って日本国民に伝わった訳ですが影の功労者という扱いでしょうね。メイドイン槇子と銘打ってた訳じゃなかったので。これだけ国を見事活性化させたんだからあれは誰?とかいうことはなかったんでしょうか。ちょっと気になりました。

気になったといえば、両家和解の後お姉ちゃんが熊子に「早く行きなさい」といったのは最終回だけにたまにはいい事言うんだというとこ見せとかないとねという配慮なんだろうなと感心したんですが、金銀銅弁当買って来いということだったんですね。さすがだと笑ってしまいましたです。大雑把ですけど9話10話と山田さんの槇子ぶりが板についてきてホント笑えましたです。山田さんってもしかしてエンジン掛かるの遅いタイプなんでしょうか。なんか急に加速してきたみたいなはまりっぷりでした。でもいつもは姉の方を恒に向いている妹がこのときばかりは「早く行きなさい」といわれて陸の下に走ったというのは初めて優先順位が変動したってことでそこまで陸のことを想ってたってことですよね。でも二人が妹の部屋で一緒にいる時ホントの姉妹みたいに見えた感じもして、役作りここに極まれりでしょうかどこか似てる風に映って見えました。

とにかくこの家族を観てるのがホント愉しかったです。志田未来さんは普通の女の子演じさせたら無敵じゃないかと思えるほどでした。変顔もどきの大きめな反応とかも現実離れしてそうですけどありえそうな印象さえ受けるほどでした。観ていて若干お顔の色に精気が見えないような時もありましたけど体調にお気をつけ頂いて長く役者さんとして活躍して欲しいものだと思いましたです。

|
|

« ゴンゾウ・伝説の刑事その10(第10話) | トップページ | *東名 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴンゾウ・伝説の刑事その10(第10話) | トップページ | *東名 »