« 赤という色 | トップページ | あんどーなつその12 »

*ばかすけぇ

滅多に言う人はいなくなってきたが、「馬鹿野郎」の変形バージョン。遠州独特の表現ではないが共通語とも思えない。

普通の遠州弁だと「馬鹿っつら」が多く使われることが多い。

「ばかすけぇ」はおそらく馬鹿と介・輔・助のいずれかがくっついて出来たであろうと推測されるもので、遠州弁でよく使う「やらすけえ」(やらんわ)・「貸すけえ」(貸さない)の「すけえ」とは異なるものであろう。

遠州でのニュアンス的には「ばかっつら」が言い切りに近い感じだが「ばかすけぇ」だと馬鹿じゃないのといった感じが含まれる風に聞こえる。まそんな大した違いがある訳ではないのだが一応。

九州辺りの「馬鹿ちんがあ」とかいうのとか全国的でいうところの「馬鹿たれが」が近いニュアンスなのだろうか。

例文

「これどんまい。なあ。喰いたりんだでくりょう。」

  (これ美味いよもの凄く!なあ。もっと食べたいんで君のも頂戴。)

「やあばかすけぇ!なにしてけつかるだあ。」

  (おい馬鹿野郎なにしやがんでえ。)

|
|

« 赤という色 | トップページ | あんどーなつその12 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤という色 | トップページ | あんどーなつその12 »