« Tomorrowその10 | トップページ | 太陽と海の教室第7回その2 »

*にしゃにしゃ

これが方言かというとそうではないであろう。ではどういう意味かと辞書には無いので遠州で使われてる経験値で量るしかない。だから全国的にこの使い方が同じかどうかは分からない。

ニタニタ・ニヤニヤ・デレデレ・ウハウハ・ヘラヘラ・ゲラゲラ・ガハガハ・クスクス・デヘデヘ・カラカラ・エヘエヘ・くしゃくしゃ

笑いの様を表わす表現は数多くあり、雨の種類とか並に豊かである。

「にしゃにしゃ」は当然にやけた笑いの表現であろうが、照れ笑いでもスケベ笑いでもなくなんとなく小さな幸せ噛み締めてる雰囲気が漂う気がするのは私だけであろうか。

つまり「にしゃにしゃ」を訳すと何かいい事があった時の抑えきれてない笑いと解釈している。地域によって感覚が異なるやもしれぬがそんななあとんじゃかない。

「へらへら」のような不快感を与えるものではなく「にたにた」程独自の世界に入りきってるほどでもないし「でれでれ」程骨抜き状態でもないので共通語に訳すとしたらなんになるんだろう。「えへらえへら」辺りだろうか。

例文

「なんだあおんめえ。にしゃにしゃしてえ。」

  (なに?どうしたの。なんかいいことあったのか?)

「いやあ。なんでもねえよ。」

「なにいい事あっただか知らんが、にしゃにしゃしとらんで仕事戻るにい。」

|
|

« Tomorrowその10 | トップページ | 太陽と海の教室第7回その2 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Tomorrowその10 | トップページ | 太陽と海の教室第7回その2 »