« 33分探偵その3(第4話) | トップページ | *上手く »

Tomorrowその8

番宣とかで見る菅野美穂さんとこのドラマで観る田中愛子を演じてる「菅野美穂」がイコールに見えてしょうがない私です。この作品以前ではタレントとしての顔と演者としての顔はもっと明確に異なって映って見えていただけになんか不思議です。もっとも全出演作品観た上で物申してる訳ではないですけど。

役者さんて芝居をされる時のテンションとバラエティに出ておられる時のテンションが異なる方が多く、バラエティでの姿が人前に出てる以上素であろう筈もなのですがそういうテンションを切り変えるアクセルワークの加減とギアの段を多く持ってる方がいい役者さんなんだろうなと思ってました。それにテンション高めな演技される人ほどバラエティとかインタビューではシャイであったりで180度ひっくり返るくらいの勢いがお芝居するのには必要なのかなとも思っていたので。

そういう点でいくとこれはどうしたことかと。始めの1・2話辺りはがんこ気合い入っていていつもの決して大仰ではないんですけど気を抜かない全力な「菅野美穂」という印象でしたけど、回を重ねる毎に余分な力の抜けた自然な印象になってきた感じです。それで今は番宣で映される演技されてない撮影現場での菅野美穂さんとカメラの前で演技されてる「菅野美穂」の違いが私では区別できないくらいに感じられるのです。ケラケラとした解放的な笑い方が共通することから受ける印象でしょうか。

で、どっちが好きかと云うと今の方がいい。以前のいつも一所懸命で糸が張り詰めてるような緊張感を強いられる感じに時として思えるのよりも、そういう緊張感が失せてる今の方が落ち着いて観れていいです。今日も今日とて屋上で吼えまくっている元気印の愛子という役なのに何故かそう思える私です。前だったら「あ~疲れた」だと真剣に疲れてるんだと分かるという感じだったんですけど今は疲れただけじゃなく気が抜けた状態で心が休息してる感じが付加された風に映りますです。

で、まあ今回の展開は師長の病気によってバラバラになりかけた皆の心がひとつにまとまってさあ頑張るぞというお話し。付随して大人の恋(愛?)も描かれてましたけどまあそれは私得意分野じゃないので。

それにしても、もう8話。全10回ということらしい割には病院再建に向けての前進が見られたとは思えず残り2話でどう決着つけるんでしょうかねえ。国会議員さんはなんか妖しげな動き見せてるようですけど。

主題とは関係ない話ですけど、「まこと」って女の子だったんですねえ。気づきませんでした。そう思って見たら綺麗な子だと思えてホント都合のいい私です。それまではうっとおしいガキンチョだと思ってた癖にねえ。

|
|

« 33分探偵その3(第4話) | トップページ | *上手く »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 33分探偵その3(第4話) | トップページ | *上手く »