« 太陽と海の教室第4回 | トップページ | あんどーなつその6 »

*ぬくとめる

温い(ぬくい)と言う表現は共通語であるが「ぬくとい」となると方言になるらしい。

従って「ぬくとめる」も当然方言ということになる。

意味は温める(あたためる)という意味。でも共通語で「ぬくめる」なんて言い方あるのかは疑問ではある。

ニュアンス的には人肌程度と受け取れ、決して沸騰させるほどの程度ではない。

遠州弁では人肌で暖められたようなものが「ぬくとい」で火をくべたりして温めたもたのが「暖かい」で熱過ぎると感じるのが「ちんちん」という使い分けであろうか。

日差しを指す場合は「ぽかぽか陽気」・「小春日和」辺りが「今日はぬくとい」ということになろうか。

食べ物に「ぬくとめる」を使うと「温め直し」みたいな印象を受けるのは私だけだろうか。

例文

「大昔に給食に出とった脱脂粉乳なあ。あれぬくとめとかんと飲めたもんじゃないだにい。」

「なんで?」

「ちっとでも冷めると膜張って。それん飲むと白いヒゲみたく上唇につくだよ。」

「それって美味かっただけえ?」

「あれん美味いなんちゅう奴聞いたこんないやあ。」

|
|

« 太陽と海の教室第4回 | トップページ | あんどーなつその6 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽と海の教室第4回 | トップページ | あんどーなつその6 »