« あんどーなつその5 | トップページ | 太陽と海の教室第3回 »

*なあやあ・のういぇえ

「随分だなあやあ」(随分だなあもう)。なんだかなあ的な雰囲気になる。

頭にもってきて「なあやあ」だけだと「おいちょっと」という意味になる。女性言葉だと「ほいあんたぁ」。

「のういぇえ」については発音が独特でひらがなでは表記しづらい。むしろNo Yeahと書いたほうが近い発音である。

調子合わせに適してるので、気分的にノッてるような印象を受ける場合もある。

「なあやあ」も「のういぇい」も男言葉であろう。

例文

「よおこんなんなるまで溜め込んだもんだなあやあ。」

  (よくぞここまで溜め込んだって感じだなあ。)

「そうだのういぇえ。」

  (そうだよねえホント。)

「他人事みたいなこんこいてるじゃないっつうの。邪魔だでどかせ。」

  (他人事みたいなこといってるんじゃないよまったく。邪魔だからどかせよ。)

「邪険にしんだっていいじゃんか。ゴミじゃないだで。」

「うっちゃれなんてゆうてもせんに。片せっつってるの。」

  (捨てろなんて言ってないだろ。片付けろって言ってるの。)

|
|

« あんどーなつその5 | トップページ | 太陽と海の教室第3回 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あんどーなつその5 | トップページ | 太陽と海の教室第3回 »