« 太陽と海の教室第6回 | トップページ | あんどーなつその8 »

*教わる

教わると書いて、共通語は「おそわる」と読むのだが遠州弁では「おしわる」と読む時もある。

「おせわる」という言い方は無いが、「教える」を「おせえる」という言い方は存在する。

ごくごく稀に「おしょわる」と言う人もいる。「和尚背負ったっつっておしょわった」とかしょんない語呂遊びすることも出来る。

例文

「そんなやり方誰におしわったよお。」

「なんでえなんか変けえ。」

「他の衆とやり順違うで、組んでやる時えらかないか。」

  (他の人とやり方の順番違うからコンビ組んでやる時やりづらくないのかい。)

「まあよーゆわれるけど。」

注、「誰におしわった」の部分。「に」が「ん」に遠州弁では変わることが多いがこの場合は「誰んおしわった」にはならない。「誰んおしえた」(誰が教えた)ならありうるけど。

|
|

« 太陽と海の教室第6回 | トップページ | あんどーなつその8 »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽と海の教室第6回 | トップページ | あんどーなつその8 »