« コード・ブルーその8(第8話) | トップページ | チーム・バチスタの栄光 »

いらっとさせるらしい

クレームの要因として多い理由が「接客態度が気に入らない」。そういう理由で何様だお前と思えるようなクレームをつける輩が多いらしい。

物の言い方だと、関東辺り(全国的にか)では語尾に「~なんでえ」とか「~ですからあ」とかがつき、尚且つ語尾が上がると聞いてるほうは大抵ムッとくるらしい。

そう考えると、遠州弁は基本語尾が上がる特徴がある。しかも「だもんでえ」・「じゃん」も使う。関東圏で遠州弁駆使するとあいつの態度はなんだと必然的に突き上げを食らうと言うことである。親愛の情ととるか馴れ馴れしいととるか喧嘩売ってるととるかでエライ違いはあるがそこのところが関西弁のような全国公認の方言として通用しないところなのであろう。

確かに基本遠州弁はため言葉なので、年下のガキに遠州弁丸出しでしゃべくりまくられるとムッとする時がある。同じ遠州人でさえそう思える時があるのだから他所の衆らには尚更なのであろう。

そういう風に遠州人自身もいらっとさせるらしいという自覚はあるので、同じ遠州人同士でも他人行儀の関係では遠州弁は使わないようにしている。

だもんでえ(なので)他の地域の人が遠州弁耳にすることは普通はない筈。もちろんイントネーションとかは直らないけど少なくとも本人は共通語を話してるつもりではいる。筈。少なくとも私もそう心掛けているつもりだが何故か書き言葉にすら遠州弁が乗り移っているらしく、時々私の書き込みは他の読み手の方にいらっとさせるらしい。自覚がない分始末に終えないのだが言い回しというか文法が違うのであろうか。どうも意図が確実に伝わってないらしい。ま、私個人の資質の問題でもあるんでしょうけど。

ということはともかくとして、遠州弁覚えて得することの利はかように少ないのではあるが、昔ながらの表現がまだ生きている旧式な日本語という側面も若干はあり、暇つぶしにはなると思われる。繰り返すが遠州弁憶えると異性にモテるとか云う効能は全く無いし、関西弁みたく空気が和む訳でもないし廣島弁ほどかっこいい(勇壮という)訳でもなし、古文に強くなれるかと云うとそれほど古くも無いのであくまでも暇つぶしにしか過ぎない。

|
|

« コード・ブルーその8(第8話) | トップページ | チーム・バチスタの栄光 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コード・ブルーその8(第8話) | トップページ | チーム・バチスタの栄光 »