« 正義の味方第7話 | トップページ | コード・ブルーその8(第8話) »

*よ その1

「着よ」だと「着ろ・着なさい」と言う意味。

「しろ・しなさい」だと「しよ・せよ」となる。

「させろ」は「「さしょ」。「やらせろ」は「やらしょ」。

共通語では命令口調だと「ろ」となるところは遠州では「よ」を使うということである。

「よ」という表現は共通語では「見よ」がまだ残っているという古い日本語であろう。従って方言と言うことではなく古い言葉が残ってるという部類に入る。

より遠州弁っぽくするには「よを」とするとらしくなる。「着よを」(着なさい)。

「着よう」の略形ではなくあくまで命令口調である。蛇足だが「着よう」の遠州弁は「着まい・着まいか」である。

例文

「やあ、くるってんでおとなしくここに居よ。」

  (はしゃいでないでここで大人しくしてなさい。)

「知らんとこ来とるもんでくるってるだらあ。」

  (知らない場所に来て興奮してるんじゃないの?)

「はた迷惑んなるだで我慢覚えさせにゃかんらあ。」

  (周りの迷惑になるんだから我慢することも覚えさせないと駄目だろう。)

|
|

« 正義の味方第7話 | トップページ | コード・ブルーその8(第8話) »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正義の味方第7話 | トップページ | コード・ブルーその8(第8話) »