« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | 33分探偵その3(第4話) »

*信じれん

共通語だと信じることが出来ないであるが、遠州弁では信じられないと言う意味になる使い方もする。どこが違うんだという突っ込みもあろうが。若干「嘘でしょ」というニュアンスも含む悪い意味での感嘆の言葉。

例文

いきなり大声を出す母親

「うっそだあ!もうー信じれん。あんたなんちゅうこんするよお。」

  (嘘でしょう!もう信じられない。あなたはなんてことしてるの。)

声を聞きつけてすっ飛んできた父親

「なにひゃあひゃあゆってるよー。」

  (なに騒いでるんだ?)

「この子ごきぶり口に入れようとしてるだよぉ。」

  (この子ごきぶりを口に入れようとしてるの。)

「そりゃかんなあ。腹こわいたらおえんて。」

  (そりゃいかんなあ。腹壊したら大変だよ。)

「だらあ。だでちゃっと止め入っただよお。もう何度いっても聞きゃあせんで嫌。」

  (でしょう。だから急いで止めたの。何度も注意してるのに聞かないんだから。)

「そりゃ猫だで無理だらあ。」

|
|

« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | 33分探偵その3(第4話) »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | 33分探偵その3(第4話) »