« この夏いろいろ | トップページ | 33分探偵その1(第1・2話) »

*ちんちくりん

服などのサイズが合わず小さいことを言う。つんつるてんもほぼ同じと思われる。

共通語の「ちんちくりん」も同様な意味で、それ以外に背の低い人を指す場合にも使われるようであるが、少なくともうちの集落で背のことを指す使い方は聞いたことが無い。なので遠州では決して差別的意味はない。

たまに、「妙な」という意味で使う場合もある。体と衣服のバランスが悪い様が「妙」ということと、「みょうちくりん」とこんがらがって使っていることが混ざっていると思われる。

特に遠州弁という訳ではないのだが、使い方が共通語と若干異なるので記載。

「ちんちくりん」の逆だと「だぼだぼ」と言ってるような気がする。「丈が合わん」だと短くても長くてもどっちでも使うしなあ。

例文1

「あいつなにちんちくりんなこんこいてるだあ。」

  (あいつは何を妙なこと言っているんだ?)

例文2

「この服どう?」

「なんかちんちくりんにめえるやあ。」

「そういう服なの。」

「あっそう。そのセンスにゃついてけんわあ。」

|
|

« この夏いろいろ | トップページ | 33分探偵その1(第1・2話) »

1-2・遠州弁ち行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この夏いろいろ | トップページ | 33分探偵その1(第1・2話) »