« 33分探偵その1(第1・2話) | トップページ | *おっそろしく »

オリンピックの中継

あんまし興味ないとぶつぶつこいてた割には出歩く程の体力も気力もなく、結局だらだらとテレビのチャンネルこまめにころころ変えながら一日が過ぎていく。

ふんでぇ、まあ気がついたどうでもいい話をその都度加筆しがつら書いてお茶でも濁そうかと。なんとはなしに思うのはこの期間夢と一体感を与えてくれるのは芸能界よりもオリンピックだと言うことであろうか。ドラマとか内容に関わらず視聴率が下がるだろうし、それゆえ評価も下がるんだろうけど質は変わんないだろうにね。

*水泳

男子でもわき毛の処理するようになったんですね。いつからこういう風潮になったんでしょうか。

女子400mリレーの中継で足が震えてる(痙攣か?)どアップのシーンが印象にとても残りましたです。とてつもない重圧の中に自分を追い込んでなにが楽しいのかと能天気に生きてる私などからすれば理解できないことですが。おそらくその後に訪れる開放感と結果が伴えば最高の感激が待っているからなんでしょうね。風呂上りのビールみたいなもんでしょうか。私は酒飲まないのでそういう我慢の後の庶民的な快感すら味わうことはないので感心するほかありませんです。でもこの映像はインパクトありました。司会の松岡修三さんがきっちり見ててそこを述べられておられてナイス!と思いました。ああいうのを武者震いというんでしょうか。

*柔道

日本のお家芸とかで勝つのが当たり前みたいな勢いが見る側も解説する側もやる側もある。それだけに日本選手が敗れるとどっとむなしい。だけど実際の試合を見てるとこれはもう武道としての柔道ではなくスポーツの「JUDO」(スペルあってるか?)だと思えますです。ルールをいかに味方にしてプレイするかであって別種に相違ない勢いです。そろそろ考え方変えた方が疲れなくて済むような気がしますです。柔道じゃないんだから服装もすぐはだけてしまって待てをして整える手間の時間がうっとおしくみえたりもして、もう柔道着という形式に捉われない新しい着衣にした方がいいように思えます。

もちろん回帰して「柔道」をするというのであれば、制限時間だ待てだの注意だ警告だのとかなくしてとにかく一本決まるまで徹底的に両者が闘うくらいにしないと、ポイント貯めて優勢勝ちが主流の「JUDO」を打破できない感じがしますです。見事な一本決まってこその美ですから。

見事金を獲得された内柴さんの「仕事」というフレーズ。メディアの読み手は父親として成すべき事を姿勢を息子に示すことと解釈されていたようだけれども、柔道家としての責務ともとれなくはないか。プロなど存在しない世界だけれども柔道漬けの毎日を過ごしておられる筈で周囲の援護支援あってこそ立っていられることからその期待に応えることが仕事(業務)ともとれなくもない。美談とすれば父親の仕事だろうけれども生き様としたら柔道家の仕事という方が綺麗な気がしますです。

*やっぱりスポーツは残酷だな

敗者の悲哀をこれでもかと衆知の面前で見せ付ける辺りは、ドラマのような手加減がない分救い様がなく哀れを感じる。その分勝ち得た勝利に対しての感動は作り事では決して味わえない感動がある。明と暗のメリハリが半端なく事実は小説よりも奇なりという言葉を使っても間違いじゃないような気もしてくる。

そういう中でも破れてもなお清しと思える光景にも出会える。これは清々しくて爽快感がある。

単純に筋書きの無いドラマという推理小説も真っ青な先が読めない一喜一憂を愛でるというだけでなく毒を喰らわば皿までみたいな徹底的なところが魅力なんだろうか。

*女子レスリング

不満げに金以外のメダルを受け取るより金でなくとも心の底から嬉しげに表彰式で笑顔を見せてくれるほうがやっぱしいいなと。人々に勇気を与えると言うならばたとえ顔で笑って心で泣いてたとしても、笑顔に勝る勇気はないと思う次第で。人前に立つというのはこういうことを言うのだろうなと。

もちろん勢いだけでやってきたような苦労知らずの若造がはしゃがれたら生意気にしか感じないけど、女子レスリングの面々は前回に続いての苦労人揃いだから見ていて重みが伝わる分感動するんだろうなと思いますです。

*引退報道

晩節を汚すのを嫌う国民性なのか長期的な視野からの観測が苦手な国民といわれてる割には人の進路に口うるさいものである。祝福で盛り上がりそれを長く楽しむことをしないのはもったいないというか変な話しのような気がしてくる。どこかの国のように敗者を棒でなぶるような真似こそしないが、進退に関しては強いプレイヤーに対してほど抑圧をかけて潰そうとしてるかのようでもある。

まあ結果だけ評価する時代からそこに至るまでを大切にするようになっただけ進んできたのはいいことだろうけど。それは報道する側の進歩であって見る側の進歩ではないような。でも引退などが紙面を踊るのはニーズがあるからだろうけど、それは報道がそう導いているのか読者が求めているのかは微妙ではあるような。

*やっぱスポーツチャンネルの増設だよな

メジャーな競技はともかくとして、マイナーだけど卓球とかソフトボールとかにせよ見ていて面白い競技があるもだと思う次第で。国としてスポーツの向上を図るには強化費を潤沢にするという方法が一番なんだろうけど別の方法として関心を集めるということも必要なんじゃないかと思えましたです。オグシオとか愛ちゃんとかの広告塔によって興味を惹くとしたらプレイ以外でのタレント性のあるなしで食いつきが変わってしまう。でも実際プレーしている時の表情はやはりみんないい顔をしているわけで。

普段それが見れる機会があったほうがいいように思えますです。商売としてそれは成り立たないだろうから採算は受信料で賄っている国営放送がスポーツ振興の為に動き出すが一番かと。実際放映されてるのはメジャーなスポーツばかりで草の根活動とは程遠い印象を受けるのです。国体とか地域振興をというのではなくて、各競技の最高レベルの世界を魅せて欲しいものだと。

個人的にはバトミントンと卓球の試合を見ていたい感じです。乗馬とか射撃も面白かったですけど、とりあえずはバトミントンと卓球かな。

*中国

卓球が面白かったんですけど。面白かったんですけど出場されてるトップクラスの選手の方々殆ど現と元あわせて中国のお方なんですね。別に非難してるんじゃなくてどうすりゃこうなれるんだという驚きを持っていますです。人口が多いんだからというならインド辺りからでもボコボコ凄い逸材が世界を席巻しても良さそうなくらいなのにそうでもない。

*オリンピックという場

競技者の方にとっては、自身の夢への挑戦・野望の達成という個人目標があるのだろうけれども、こまごまとお金を出して貰ってる分色んなしがらみと義務もあることになる。

つまりは競技への伝道師として、積み重ねてきたものの披露という求道師という二つの側面を併せ持っていた訳で。一概に勝てば官軍負ければ賊軍というだけでなく美しさや感動をも求められるというのはしんどい話しではあるが。

実際それを具現化してる人物が存在してるんだからすんごいなあと思うし、この日の為に何年も土の中で暮らす準備鍛錬期間が必要となるのかと思うと夏のひとときの瞬間を駆け抜けて生きる虫たちのようにも思えてくる。

金を量産しまくれば商品化(養殖)に成功したみたいだしそれを売買(商売として成り立つ)するってのも悪いことではないけれど。

|
|

« 33分探偵その1(第1・2話) | トップページ | *おっそろしく »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 33分探偵その1(第1・2話) | トップページ | *おっそろしく »