« *平田町 | トップページ | 正義の味方第8話その2 »

コード・ブルーその9(第9話)

前回の終わり方からすれば当然重大な出来事の顛末が描かれる回。と、思ってたんですが想像してた以上に重大でこの回で締めれるようなものではありませんでした。

安全管理委員会で言われた「ミスは許されないそれがプロだ」という論法。

医療は別物と言われてしまえばそれまでですが、他の普通の仕事に例えるといささか現実離れした理屈に思えますです。人がやる限り完全完璧といったことは存在しないし、個人の技能でその道を極めれば極めるほどより一層の完成を目指し努力研鑽を積んでく終生ミス(完璧でない)だらけという職業もあれば、多くの人を介して積み上げられてく職業ならば伝言ゲームのようにどこかでひずみが生じるものでそれを如何に除外してならして行くかが大切になる訳で。そしてどんな職業についたとしててもクレームというものが存在して、それは客ばかりでなく利益効率追求とかいった身内からとかもと様々なところから仕事したことに対して不完全・不満足を訴えるものです。それに押し潰されていく者もいればそれを乗り越えて行く者もいる。乗り越えて行く者だけが上を目指せる社会。正直ミスはしょうがないそれを如何に切り抜けていくかが勝負というか問題だというのが普通の理屈のように思えますです。

ただ他の先生なら助かったけどこの先生にかかったから死んだんだとかなるとキツイ理屈ではありますが。

ドラマの展開に戻りますけど、助け舟を出そうとしたヘリパイロットの梶(寺島さん)に委員会側は「貴方は何回失敗しましたか?」という問いを投げ掛けて梶が言葉につまり「それがプロです」と言い放った訳ですけど。この場合は失敗は死を意味するんだからと反論されていました。その反論は小声の弱腰で表わされてましたが、あんな仰々しい場で起きてしまった事を医者という立場でないところから追求されてしまったら確かにびびりますですな。こういう場で相手方を納得させる論法なんてあるのかとさえ思ってしまいます。なにしろ相手は事故が起きてしまったのではなく事故を起こしてしまったという見方ですから。でも梶の言い分の方が正しい気はしますです。

でも結局は、エースを失ったことと、フェローと呼称される医者への不信感からくる管理責任を弁護士さんと事務長さんは問題にしていたようで、体面云々ということではなさそうではありました。もし黒田先生でなく事故にあったのが白石だったら話しは違った展開になったであろう感があります。

黒田先生(柳葉さん)の息子の一件はさすがドラマという奇遇を感じずにはおれませんでしたが、あそこまで追い詰められないと最後の方で白石(新垣さん)にぽつりと力なく吐露することはなかったでしょうからやむなしという勢いでした。

なにしろ家庭を顧みず外科医としての研鑽を重ねたのに、一番助けたいと願う人間を助けることができなかったのですから、その落胆ぶりを考えれば白石に向かって弱音(素直な感情)を吐くこともなかったでしょうおそらく。自分の事故だけだったら思うだけで口にまでは出なかったでしょうから。他意も悪意も怨みつらみもある訳じゃなくぼそっと口に出たってとこが切なかったです。「お前たちに出会わなきゃ良かったなあ。」という言葉。非道と感じる人もあるやもしれませんが私はしょうがないと納得でした。あれは責められませんて。

それにしても白石が堪ったもんじゃありません。今度の一件だけでなく自分の存在を含めた全てを批判するに至るのも誰も止められない感じが見事に出てました。このままほっといたら自ら命(存在)を断ってしまうんじゃないかとさえ思えるくらいです。はたしてどう立ち直るんでしょうか。そのままフェードアウトしたとしてもしょうがない(誰も責められない)勢いでした。このドラマとよく似た鬼軍曹と候補生の関係の「愛と青春の旅立ち」でも犠牲者ひとり出てましたし。もちろん立ち直って欲しいですけど。

さすがにこの状況で思った事をズバズバ白石に言う冴島(比嘉さん)の白石評はありませんでしたけど。どう思ってるんでしょうかねえ。あの藍沢(山下さん)でさえ自分の下した判断と行動に自信を失いつつあるくらいですから。

とにかく雨中で終わった晴れ間がひと時もない暗ぼったい回でありました。観る前からどよよんとした空気なんだろうなと思えて観るによいしょという気力を必要としましたが、観終わってみれば柳葉敏郎さんと新垣結衣さんのお芝居に惹き込まれて一気という感じでした。柳葉さんの徐々に膨らんでいく絶望感と新垣さんの死ぬんじゃないかこの人と思わせる疲弊感が凄かったです。

|
|

« *平田町 | トップページ | 正義の味方第8話その2 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *平田町 | トップページ | 正義の味方第8話その2 »