« *しずようんない | トップページ | ゴンゾウ・伝説の刑事その7(第7話) »

正義の味方第6話

今まではそれなりに一方的に妹(志田さん)が虐げられていた風には映っていなかったのですが、この回は何故か姉(山田さん)が悪魔と妹がそう呼ぶ意図が理解できたような感じがしましたです。そう見えることがいいことかどうかと言われればん~どうでしょうですけど。

岡本(本郷さん)が「信頼されてるんだねえ。」とか言ってましたけどとてもそうには思えずひたすら使役されて下僕のような様相にしか見えませんでした。前回までは白鳥の水掻きの陰の努力の手助けをしている印象でしたけど。ただ単に受け取れるお芝居の印象の違いだけなのかそういう展開上の設定によるものかは分かりませんが、もう少し頼りにしてる的イメージが欲しかったのが素直な感想です。まあ、妹が夏休みということでいつも以上に行動できる時間が多いというのもあるんでしょうけど。随分と酷使してたのは確かです。命令の仕方も口裏巧みに誘導してしょうがないなあやってやるかと思わせると言うレベルでなく超強制という口調でした。もっともそういう口調でないと議員のお偉いさんがヤル気が違うと勘違いしてしまう勢いに達しませんから山田さんの加減がどうのこうのと言うことではなく展開上によるものなんだろかとは思いますが。

とはいえ、ストーリーの展開としては今までの中で一番無駄が無いと言うか全て繋がった上で正義のヒーローと姉がなっていく感じでした。違法DVD・カレーの為の奔走・姑と嫁との綱引き。まあテレビ局のお祭りみたいな光景はめちゃくちゃ体のいい宣伝でしたけど。結構終わり頃までどういう正義の味方するのか読めませんでしたから。

姉は妹以外の人づきあいにはそつなくこなす機転と賢さがあるのですが、良川家の人々には非常に計算高く自分を押し殺してるように感じられます。姉は本当に直紀(向井さん)を愛しているのかどうかが気になるところであります。

なんで料理が出来るのに妹こき使ったのか不思議でもありました。一時帰国してくると分かった時点で、持ち前の負けず嫌いの性分からやると決めたらひたすら努力する姿勢で猛勉強して料理が出来るようになったのでしょうか。だとしたらそこらへんはさりげなく示してくれないと妹にやらせた理由が理解できません。直紀の趣味に合わせるために猛勉強してた様を一度描いているから省いたとしたら省きすぎだろうと思うし、そうではなくて元々料理できるのに妹こき使っただけだとしたらなんだかなあこの人はって感じになりますしホントのところはどうだったんでしょうか不思議と言うか疑問でした。

不思議に思ってるついでに多少脱線しますけど、なんでキャリア官僚辞めて主婦業に専念しなかったのでしょうか。っていうか辞めてなかったんですね仕事。ということははなから別居と決めてたってことで、前回の空港での涙のセレモニーへのギャグオチとして家族の誰にも伝えなかった設定になってたんでしょうか。普通だったら言うでしょうに知らぬは家族ばかりなり。劇的でしたけど強引な感じがしました。けど姉が度が過ぎるドッキリ仕掛けたということなんでしょうかねえ。

そして新たに姉に敵(障害)が登場したわけで。それは姑。本性を暴いてやるとのたまわれたようにお見受けしたのですが、そうなると姉の本性を知ってる妹とは同調するということなんでしょうか。立場的にはどちらも追い出したいで一致するんでしょうけど追い出す先が一致しない(むしろ逆)以上共同戦線張ることはなさそうですけど気は合いそうな気がしますです。職場での山下(滝沢さん)についでの敵ということですが必ず敵を作る人なんでしょうか。

この回好きな画がありまして、それは母と姉妹3人でスイカ食べてる光景でした。姉妹の後姿がやけに平和で家庭でくつろいでる無防備感が漂っていてほんわかしてきました。それでいて亭主操縦術とか姑との綱引きに勝つ手段の心得とかいうすんげえ生臭い話ししてるとこのギャップがとてもアットホームでした。

|
|

« *しずようんない | トップページ | ゴンゾウ・伝説の刑事その7(第7話) »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

次回の『正義の味方』って容子と陸がどうなるかって話もありますよねupwardright

私は、チョビット陸のファンです^3^

正義の味方ってホント笑えますよね(笑)
 
私も妹がいるんですけど私の場合…

妹にこきつかわれてます-m-

まぁ性格が妹は、しっかりしてるし

私は、おっとりしてるから…しょうがないか!

まぁこれからも『正義の味方』ファンとして

よろしくお願いします^皿^

投稿: Mr X | 2008年8月14日 (木) 10時05分

Mr X さんコメントありがとうございます。
このドラマキャスティングの勝利だと思って観てます。
特に姉役。嫌われ役になってしまってはお話しにならないのですから。
そういう意味で無茶しても愛嬌たっぷりに演じることが出来る山田優さんを配したというのが最大の勝因じゃないでしょうか。
容子と陸の関係が進展するには道のりがまだ大分遠く私には感じられます。幼馴染みの存在もありますしね。

投稿: はちまん | 2008年8月14日 (木) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *しずようんない | トップページ | ゴンゾウ・伝説の刑事その7(第7話) »