« ゴンゾウ・伝説の刑事その2(第2話) | トップページ | 正義の味方第1話 »

*おためごかし

人のことを心配してるようにみせて内心は自分の都合を心配してるようなあざとさを表わす言葉。

辞書にもきちんと載っているので方言ということではないし最近の若い世代で使う言葉でもないのだが、少なくとも自分の世代ではなんとか通用する言葉なので消えないうちにメモしとこうかと。

一種の宣戦布告みたいな表現でもあるので、当然相手は不快となる。

例文

「あんたそんなねえおためごかしな物言いするのいやらしいだでやめて。」

  (あのねえ。そういう魂胆見え見えな言い方はえげつないからやめて。)

「そんな風にとられるなんて心外だやあ。人が心配してやってるだになによぉその言い草わあ。」

  (そういう風に受け取られるなんて心外。人がせっかく心配してあげてるのになんてこと言うのよ。)

「いらんこんだで心配してくれんでもいいよ。どうせみこ良くして後で恩着せるつもりだらあ。」

  (余計なお世話なんだから、心配してくれなくてもいいよ。どうせ愛想よくしておいて後で恩着せるつもりなんでしょ。)

「なによーあんたぁ失礼しちゃうやあ。」

  (なによあなた無礼な人ねえ。)

|
|

« ゴンゾウ・伝説の刑事その2(第2話) | トップページ | 正義の味方第1話 »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴンゾウ・伝説の刑事その2(第2話) | トップページ | 正義の味方第1話 »