« シバトラ 童顔刑事・柴田竹虎第二話 | トップページ | コード・ブルーその3(第3話) »

*いまじぶん

漢字で書くと、「今時分」。

辞書で引くと、今頃の意の老人語となってるものもある。まあ共通語であって遠州弁と云う事ではないのだが他の地域では古臭い言葉となってるらしいが、遠州では年代に関わらず普通に通用する言葉ということで。

例文

「今時分来てなにするつもりよー。」

  (今頃のこのこやってきてなにするつもり?)

「そんな言い方しんでもいいじゃん。ちっとばか遅れたくらいでひゃあひゃあゆっちゃかんて。」

  (そんな言い方しなくてもいいでしょ。少し遅れたくらいで五月蝿く言われちゃかなわないよ。)

「あんたねえ。なにゆってるよー。はあとうの昔に会議終わってるだにい。もう課長カンカンだでねえ。わし知らんでねえ。」

  (君ねえ何言ってるんだ。もうとっくに会議終わったんだよ。課長エライ剣幕で怒ってるからね。覚悟しときなよ。)

「わしだって知らすけえ。会議ん先にお得意さんとこ挨拶周りしとけっつったの課長だにい。」

  (俺だって知らないよ。会議より先にお得意さんのとこ挨拶周りしとけって言ったの課長なんだからね。)

「にしたって何件回りゃあこんだだ時間になるだ?」

  (それにしたって何件回ればこんな時間になるんだ?)

「そんなのいえすけえ。成績争ってる奴に言えるかあ。」

  (そんなの成績争ってる奴にいえる訳ないだろう。)

「ま、ええけどやあ。なんしょそういうこんだで。」

  (ま、私の知った事じゃないから別にいいんだけどね。とにかく状況はそういうこと。)

課長「てんめえ!おんしゃあ今までなにしてけつかったあ。」

  (お前!今まで何してたんだ。)

「課長んゆった通り挨拶周りしとっただよ。」

  (課長に言われた通り挨拶周りしてました。)

課長「やあ馬鹿っつら。会議の前にっつったら?会議の時間までに戻れる程度に回って来いっつっただにい。恥かかしゃあがって。日本語も知らんだかてんめえは。」

  (バカヤロウ!会議の前にって言っただろ。会議の時間までに戻ってこれる目安で回って来いって言ったのに恥かかせやがってこの野郎。日本語も知らんのかお前は。)

ここでのトラブル原因は「先」と「前」の聞き違いによるもの。先も前も読みが「さき」であったせい。

|
|

« シバトラ 童顔刑事・柴田竹虎第二話 | トップページ | コード・ブルーその3(第3話) »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シバトラ 童顔刑事・柴田竹虎第二話 | トップページ | コード・ブルーその3(第3話) »