« ルーキーズ第10話まで | トップページ | ハチワンダイバーその7 »

*はさげる

挿む(はさむ)と言う意味。全国的な方言らしいがニュアンスは地方によって異なるらしい。挟む(はさむ)という紹介をされておられるとこもあるが、つまむとか~と~の間に位置すると言うニュアンスを含む挟むよりも挿入するというニュアンスの方が近いのでこちら(挿む)を使用としました。間違いということではなく決して異議を唱えてる訳ではありませんです。

洗濯物を洗濯ばさみで挟む時には「洗濯ばさみではさげといて。」とは言わない。この場合には「洗濯ばさみで止めといて。」という言い方をする。したがって「はさげる」は~と~の間にある状態とか差し込むような後付のような場合に使われることがうちの集落では多い。

岩と岩の間にはさまるのは「岩のあいさにはさがる」という表現をする。

例文1

「あんたあ、これ忘れてるにい。」

「ああほんとだ。よこいて。」

「よこいてってあんた両手ふさがってるじゃん。」

「どっかにはさげてくで。適当なとこにつっこんでやあ。」

「ほいじゃ右の本と本のあいさんとこにはさげとくでねえ。落としても知らんにい。」

例文2

「ここ はさげとくでねえ。どこやったってひゃあひゃあゆわんようにしてよー。」

  (ここに挿んでおくからね。どこにやったんだって探さないようにしてよ。)

「はいね。」

  (分かった。)

|
|

« ルーキーズ第10話まで | トップページ | ハチワンダイバーその7 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルーキーズ第10話まで | トップページ | ハチワンダイバーその7 »