« *ゆんべ | トップページ | あんどーなつその1 »

*おてしお

「おてしお取って。」と言われてなんのこっちゃいと戸惑ったことがある。食卓塩かと思って渡したら「無知」と言われた経験を持つ。

要は小皿のことであるが、塩を盛る程度の小さい皿のことなのだろうか。どこまでのサイズの皿とかを「おてしお」と呼ぶのか知らないが刺身につける醤油皿くらいはまあ確実に「おてしお」なんだろうなと予想される。

でもなんで「皿」という文字が省略されてるのかいまいち理解出来てない。

これが方言かといわれると疑問ではあるが、いわれというかそもそもは醤油が生まれる前の味付けが塩のみの食生活であった頃に生まれた言葉らしく、随分と古い言葉ということらしい。それが他の地域では廃れているが、遠州ではまだ生き残っているといえるのかもしれない。ただ遠州人なら誰もが知ってるかと言うとそうでもない。少なくとも私は若い時分は知らなんだ。

例文

「おてしお取って。」

「ふん。」

  (ほれ。)

「あんたあ塩くれてどうせるよお。そこんさあの小皿くれっつってんの。物知らんにもほどがあるにい。」

  (あのねえ塩よこしてどうするの?そこにある子皿を頂戴って言ってるの。物を知らないのにもほどがあるよ。)

「皿ってどれよを。」

  (どの皿?)

「わからにゃなんしょまるさらでええわ。」

  (分からなければ全部でいいよとりあえず。)

「ふん。」

  (ほれ。)

「あんたねえ。丸い皿ばっか持ってきて人の話し聞いてるだ?」

  (あのねえ丸い皿ばかり持ってきてちゃんと人の話し聞いてる?)

中途半端に遠州弁を知らない人との会話。

|
|

« *ゆんべ | トップページ | あんどーなつその1 »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *ゆんべ | トップページ | あんどーなつその1 »