« 奈緒子 | トップページ | あんどーなつその2 »

調子合わせの言葉

関西人は「アホ」は気にならんが「馬鹿」には怒れるらしい。

名古屋人も「たあけ」は気にならんが「馬鹿」には馴染めない。

遠州人は「馬鹿」は屁とも思わないが「アホ」も「たあけ」もムッとする。

屁とも思わないのは意味のない調子合わせのようなものだから。

そういう言葉は他にもある。

「あんた」・「ほい」・「ちょっと・ちょい」・「あれえ」・「やあ!」・「ほんと」

ホントに意味はないので真に受けないことが遠州弁のヒアリングの極意でもある。共通語の「あのう」みたいなもんであるが気には障る時もあるが致し方なし。

例文

「あんたあれだにいこないだ。最近ちいとも顔見せなんだだにそれがあんたやあっとかぶりにでさあ。そんがあんたあれよーきんのうひょいと顔出して来たもんでえ『あれえどうしたよーあんたぁ。』つって声掛けだだに、ほいたらあんたボケただか知らんがあんたそっぽ向かれただよお。ちいとやっきりこいただよおホント。」

  (こないだね、久し振りに昨日顔見せたもんだからちょっとびっくりして、「ひさしぶり。」って声掛けたんだけどね。無視されちゃって忘れられたのかとついムっときちゃった。)

|
|

« 奈緒子 | トップページ | あんどーなつその2 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈緒子 | トップページ | あんどーなつその2 »