« モンスター・ペアレントその5(第Ⅳ話) | トップページ | ゴンゾウ・伝説の刑事その4(第4話) »

*だわあ

語尾につく「~と思う」という意味合いの言葉。しかしながら「~なんですよ」とも訳せる。なので訳すと色んな言葉に化けるので使うには便利であるが解釈がどうとも取れる曖昧さが存在する表現の言葉でもある。「わあ」だけだと「よーやるわあ」(良くやるねえ感心するよ)といった感嘆の表現にもなる。アクセントは「わ」が強めになる。

「そうなんですよ川崎さん」を遠州弁にせると「そうなんだわあ川崎さん」となる。

「わしそれ買うだわあ。」私それ買うつもりなんだ・私(今から)それ買うんだ。

名古屋でよく使われる「だわ」・「だわぁ」とは別種のものであろうかイントネーションや使いどころが異なる気がする。

例文

「この書類計算おかしかねえか?」

「あれえホントだあ。ばっかじゃねえの。」

「誰んやったよー。」

「○○だと思うよ。こんなちょんぼせる奴ぁ。」

「大抵そうけえ?」

「あいつこういうミスよーやらかすだわあ。」

  (あいつしょっちゅうこういうミスやらかすんだよ。)

「よー首んならんなあ。」

「つうかよー会社入れたよなあ。そっちん方感心せるわあ。」

  (ってゆうかよく会社入れたよな。そっちの方が感心しちゃうよ。)

|
|

« モンスター・ペアレントその5(第Ⅳ話) | トップページ | ゴンゾウ・伝説の刑事その4(第4話) »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モンスター・ペアレントその5(第Ⅳ話) | トップページ | ゴンゾウ・伝説の刑事その4(第4話) »