« *はさげる | トップページ | Tomorrowその3 »

ハチワンダイバーその7

最終回までのお話し。結局最終回まで欠けることなく全話観たんですけど、なんか観たという荒行を乗り越えた気はするけど不思議と達成感のないドラマでした。既定を壊して新しいものを追い求める装いを感じたのでめげることなく観ようと思ったんですが、壊してはならないとこまで逝ってしまったのか肝心なものが存在しなかったのかよくわからないんですが、なんか核というか芯がよく見えなかった風に映りましたです。言うときますが、詰まらんと思ったものには感想書かないことにしてますんで以下は批判のように読めるやもしれませんが、そうではありませんあしからず。

男女の不思議な恋物語の要素と将棋指しとしての成長記と個性豊かなキャラクターの設定とユニークな映像を駆使ししての対局の映像とボスキャラ攻略ゲーム的要素と努力すれば報われるというテーマを謳ってと、ホント色んな事てんこ盛りな展開でした。冷静に振り返ってみればストーリーの設定・展開も全て斬新でしかもどんでん返しの筋書きも用意されていてとても今まで見たこと無い(と言ってもライアーゲームがあるけど)嘘もここまで突き通すと別な視点から見た真実に近づくのではと思えなくもないのですが。でも何故か、だから何?って想いが浮かびますです。展開に翻弄される主人公の精一杯自分を超えようともがく様を劇的に描いていると大雑把にまとめてしまえばそう言えなくも無いのですが、最後再び夢をの実現のチャンスを取り戻したハッピーエンドですが、主人公の心の優柔不断さが招いた寄り道と言う印象で成長記というより迷走記に映ってしまったように感じられました。いろんな人との出会いが実となって成長してる筈なんですけど。一段上ってはまた下がりの繰り返しみたいな印象でした。

昨日の敵は今日の友。逆も真なりで昨日の友は今日の敵。最後はこの連鎖が続いていささかしんどかったという部分も晴れやかに見終えることができなかった要因かもしれませんです。

登場人物達を記号化しすぎて人らしくなっていない分ドロドロ感が無く軽やかではありますがワンパターンに徹しすぎて人間らしく映えてるお方は大杉漣さんや小日向文世さんとか京本正樹さん石橋蓮司さんといった大人衆ばかりで若い衆にはおられなかった感がありますです。原作がマンガということで若い衆方は眼に見える部分を原作に忠実に演技に反映されたからでありましょうが、実写化する意義は人がリアルに動くことであり、そのためには生きてきた生き様(背景)が行動や容姿に反映されなければ人らしい厚みが見えないということなのでしょうか。たとえオリジナルから離れていこうとも。マンガという絵の世界だったらこういう空白感を感じないでみれる曖昧さが許容されるんでしょうけど実際に人が動くとなると染み出る部分が必要なんだと思ってしまいますです。

それと将棋を描いている割には、勝負そのもの(盤上の流れ)を画として提示していなくてなにしてるのか分かりづらかったのは確かです。ボウリングの試合を投げてるポーズや落胆・歓喜といったプレイヤーの描写だけでピンは一切画としていないのと同じようなものでしょうか。

いづれにせよ、面白かったかと問われたら人にとても薦められる想いにはなりませんですが、なにか新しいことをやろうという心持ちは私の好物なので否定するつもりはありませんです。ただ欲をかくと大味すぎて美味しくなくなるのは確かなようです。

結局何を観たかったというか何に期待していたのかというと、「将棋」なんでしょうかねえ。具体的な一手ごとに一喜一憂する様を観たかったってことなんでしょうか行き着くところ。例え早送りであってでも後で録画したのをスローにすれば一局の流れが見えるみたいな、まあ具体的な手法のアイデアは私思い浮かばないんですけど。

それとそよは最初から最後まで謎のままでなんだかなあでしたんで、もう少し分かりやすくして欲しかったッス。

|
|

« *はさげる | トップページ | Tomorrowその3 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *はさげる | トップページ | Tomorrowその3 »