« ゴンゾウ・伝説の刑事その5(第5話) | トップページ | *っか »

正義の味方第4話

ゴンゾウにも書きましたけどゴンゾウの肉汁たっぷりこってり観た次にこのドラマみるとすっきりしたデザート食べてる感じのようなお気楽さが愉しいドラマですこの正義の味方は。

オリジナルかと思ってたんですがちゃんと原作があったんですね。勉強不足で失礼しました。そう思わせるくらいこの家族が血が通ってるみたいに生き生きして見えたんで。普通どうしても漫画に近づけていこうとすると生身の人間では無謀というか違和感を感じてしまう部分があるような気がして、原案って呼ばれるくらいの適当な距離を置いた置き換え作業が人が演じるにおいてはそのほうがいいような思いをちょくちょく持ちます。その点このドラマは役者力によるものか脚本力によるものかは判断出来ませんが味があっていい感じですわ。

妹(志田さん)は健気というよりもこれが日常という感じで悲壮感がないカラッとした雰囲気を与えてくれるところがいいですね。それとナレーションもなんか説明できないですけど非常に印象に残ります。今想うと友達の家にいって友達のお姉ちゃんが妹の為に飲み物を持ってきてくれてしかも旨くないと文句いう状況に愕然とする様がえらく印象として後引くシーンがやけに記憶に残っておりますです。ところで前回慌ててはいたお父さんのつっかけから水虫は移らなかったんでしょうか。

別に私Sな性格ではありませんが、姉が何らかの理由で暫く家を離れる状況で、妹が一時のこの世の春を謳歌するが居ないとなると淋しいという展開を観てみたい気分です。それだけこの家族の仲の良さが印象として残っていますです。一人でも欠けたら詰まんないだろうなと。一人増えても同じでしょうけど。

姉が悪さを働く時、お決まりのテーマ曲が流れるとかいったこれみよがしなメリハリをつけたほうが起伏がついていいような気がしないでもないです。だって結構さりげないことが多いですから。私みたいな鈍感な人間にはくるぞやるぞなんかいうぞと予感させるサインが欲しいとこです。音楽の話でいうとテーマ曲はどこぞで聞いた事のあるような感じですが妹の行動に被せるとよくはまる感じがしますです。

お父さん(佐野さん)の存在がお気に入りです。ただ単に姉と妹だけのお話しで妹がひたすら虐げられてるだけの展開なら見れたものじゃない所をお父さんと妹の良好な関係が差し挟まれることによって和む感じが出て心地よい気分になれます。もちろんお母さん(田中さん)ののほほんさも見逃せないところです。

とにかく内容がうんぬんとぬかすより登場人物の動く様を愉しむだけで十分な感じの魅力あるキャラクター達です。なので展開の内容とかについては特に書きませんです。

何度も書いてますが私はこのドラマはホームコメディだと思って愉しんでるんですが、原作の概要をちくっと調べたら姉の結婚にまつわるエピソードがメインとなって進行していくようなんですが、正直言うと猫被ってる姉は観ていてそれほど楽しいわけではなくむしろ高ビーな普段の姉を愉しんでる状況なので出来るなら原作からは外れてあくまでこの愉快な4人家族のドタバタをメインにして欲しいところであります。無理でしょうけど。

|
|

« ゴンゾウ・伝説の刑事その5(第5話) | トップページ | *っか »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴンゾウ・伝説の刑事その5(第5話) | トップページ | *っか »