« *だいぶ | トップページ | 正義の味方第2話 »

ゴンゾウ・伝説の刑事その3(第3話)

なんか陰湿になって参りました。猟犬(刑事)の物語だからもっとストレートな人間関係のうえで物語が進んでくと思っていたんですが、意外とそうでもないみたいで確執がそこはかとなく漂ってきてるみたいです。

それにしても事件は丁寧にかつ迷路の中を迷いがてらじっくりと描かれております。これだけじっくりだと途中から観始めた方でも冒頭の前回までの事件のあらましをダイジェストで紹介するところをきちんと見れば直ぐ追いつけそうな勢いです。

初回の最後で事件が発生し、前回は容疑者らしき人物を発見するも犯人ではなく。そして今回は目撃者探しに紛争するも偽証に振り回される。それでも被害者の記憶が甦り犯人の特徴が新たに提示された。これくらいでしょうかねえ要約すれば事件については。まあ要は進展らしい進展はなかったってことで。

じゃあ何を今回描いていたかと言えば、ゴンゾウ(内野さん)の復帰を強要する佐久間(筒井さん)の意図の断片の提示。そして情けは人の為ならず。ひとりのプーさんを更生させる手伝いをゴンゾウがはからずもしてしまった。余計なお世話ということではなくて刑事の本分という性(さが)がそうさせたのでしょうけど。なのでこの回は人間像を描いた回で事件推理ものという装いではなかったということでしょうか。

ゴンゾウの刑事としての手法は探偵的洞察力によるものではなく刑事版働きマンといったところでしょうか。24時間闘えて群れず諦めない。それは昔のことで今は間逆というお約束のようなギャグが挟まれていましたが本家働きマンはスクープを刑事版働きマンは以前本星を次々と獲得していったということなんでしょうね。

佐久間のゴンゾウ復帰に固執する理由がもし本当に松尾先生(大塚さん)に明かした通りなら随分とドロドロとしたお話しになりそうで好きくありません。出来れば冗談であって欲しいところですけど第1回での尋問のシーンの狸具合を提示されてるとこういう人なのかなあと納得はさせられます。ですが好きくない展開です。

とにかくこのドラマ裏切りの展開目白押しです。鶴(ユイカ)ともなみ(前田さん)の関係からして一緒に帰宅するくらいなら普通なら良好だと思うのにその実鶴は嫉妬心を抱いていたとか、佐久間とゴンゾウの関係にしたってほぼそんな関係っぽいしと。デカ長はもう疲れてるし容疑者は犯人じゃないし、目撃証言は嘘っぱちだしといちいち挙げてたらきりがない勢いです。なんかアンフェアのデジャブー観てる感じにも近く同僚の岸(菅原さん)くらいしか見たまんまの人が居ないみたいな雰囲気です。

働きマンとアンフェア足すとゴンゾウになるのかはもう少しお話しが見えてこなければなんともいえないのですが画質からして明朗会計すっきりくっきりこれにていつでも偶然一件落着といったお気楽な雰囲気ではありません。早めに褌締めておいてよかったです。本当に一寸先が読めない暗中模索な展開のドラマです。もちろんそれは提示するものの出し惜しみによる希少価値を高めているからでしょうが、一話一事件というサクサクドラマではない醍醐味と感じた方が愉しめそうです。ただ警察仲間間でのドロドロは好きくないです。そこんとこは明るく照らして欲しいものです。

|
|

« *だいぶ | トップページ | 正義の味方第2話 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *だいぶ | トップページ | 正義の味方第2話 »