« おせん(第七話) | トップページ | いまいちわからん言葉その3「ガスという言葉が輸入される前」 »

*いもせんに

いないじゃないかと言う意味。

「ない」が「ん」に変わるという遠州弁の変形ルールによって「いもしないに」→「いもしんに」=「いもせんに」という変形とか

「おりもせぬに」とかが変形したとか色々想像できるが定かではない。

実際の発音で「いもぉせんに」と「も」が伸びると言う場合は強調した言い方となる。「(まったく)もう」という憤慨の言葉をかけた感じである。

他の表現としては「いもしんに」・「おりもしんに」・「いんじゃんか」・「おりゃせんじゃん」・「いやへんにい」・「いんじゃねえか」などがある。

「いる」と「おる」の違いは多分共通語と同じだと思われる。

例文

「あそこにいるっつうもんで行っただに、いもせんに。嘘教えちゃかん。」

「あれえいんかったあ?変だやあ。さっきまでおったにい。どこいっちゃっただいやあ。」

|
|

« おせん(第七話) | トップページ | いまいちわからん言葉その3「ガスという言葉が輸入される前」 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おせん(第七話) | トップページ | いまいちわからん言葉その3「ガスという言葉が輸入される前」 »