« 眞島さんのジョージアのCM第2弾 | トップページ | スウィングガールズその1 »

*さす

させると言う意味。「やらさす」だと「やらせる・やらさせようと」・「買わさす」だと「買わせる・買わさせようと」・「行かさす」だと「行かせる・行かせようと」といったような具合。

特に遠州独特ということではないが、共通語ではないことは確かなので記載。

ちなみに「やらす」だと「やらせる・やらせられる」と「やろう(と思った)」・「買わす」だと「買わせる・買わさせられる」と「買おう」・「行かす」だと「行かせる」と「行こう(と思った)」というように。

言いにくい表現では、「させる」が「ささす」・「させさす」。指すも「ささす」指させるだと「さささす」。

早口言葉を作れば「直ぐに笹に刺させる」を「ささっとささんさささす」。

例文

「こんだあなにさすつもりだあ。」

  (今度はなにをさせるつもりなんだ?)

「なにさすたあ随分じゃん。もの頼むだけじゃんかあ。」

  (させるなんてとんでもない。頼みごとがあるだけだよ。)

「おめえの頼みなんかひょんきんなのしかありもしんに。」

  (君の頼みなんていつもとんでもないことばかりじゃないか。)

「んなことあらすけえ。いつだってまともばっかだに。」

  (そんなことないよ。いつも当たり前のことばかりだよ。)

「感覚おかしいぞお。おんしゃ自分やれるか胸に手え当ててからいえやあ。」

  (その感覚おかしいよ。君、自分が出来るかどうか自問してから言ってっくれよ。)

「なにい、わしじゃでけんもんで頼むじゃんかあ。なにゆってるよお。」

  (何を言ってるんだ。自分じゃ出来ないから頼むんじゃないか。)

「なんだかなあ。」

|
|

« 眞島さんのジョージアのCM第2弾 | トップページ | スウィングガールズその1 »

1-2・遠州弁さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞島さんのジョージアのCM第2弾 | トップページ | スウィングガールズその1 »