« 古畑中学生・古畑任三郎生涯最初の事件 | トップページ | ハチワンダイバーその3 »

*つんぶれる

潰れる(つぶれる)の訛った表現。特に意味的な遠州独特ということはない筈。

アンブレラつんぶれると言うとなんか語呂がいいのでお気に入りではある。

壊しただと、「つんぶす・つんぶした」となる。壊れろだと「つんぶれろ」となりシンデレラのアンブレラつんぶれろとなると意味は薄情だが語呂遊びが繋がってなんか楽しい。

例文

「やあ、止めろお。眼えつんぶれるじゃんかあ。」

  (おい!止せよ。眼が潰れちゃうじゃないかあ。)

「懐中電灯当たっただけでひゃあひゃあゆうじゃない。」

  (懐中電灯眼に入っただけで大袈裟に喚くんじゃないよ。)

「てんめえ自分当たってみい。どんだけかわかるにい。」

  (お前自分が当たる方になってみろよ。どれくらいか分かるから。)

「つんぶれやへんよ。懐中電灯ばかで。」

  (潰れやしないよ。懐中電灯くらいじゃ。)

|
|

« 古畑中学生・古畑任三郎生涯最初の事件 | トップページ | ハチワンダイバーその3 »

1-2・遠州弁つ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古畑中学生・古畑任三郎生涯最初の事件 | トップページ | ハチワンダイバーその3 »