« おせん(第九・十話) | トップページ | こんなのないかなその1 »

*いれえいく

入れに行くと言う意味。「~に」が「え」に変化しているということ。替えるを例にすると「替ええいく」(替えに行く)。食べるだと「食べえ帰る」(食べに帰る)・「かまいい」(かまいに)となる。

「~に」の変化としては他に「い」があるが前の言葉がえ行だと「え」になりい行だと「い」になる事が多いがあくまで傾向であって必ずという訳ではない。「なにしい」(なにしに)・「なにせい」。「なにせえ」・「壊しい」(壊しに)・「こわせえ」。「こわせい」といった風に。したがって長音化と言い切る勇気はない。

例文

「あれえ、いやへんじゃん。ねえ、あんちゃあどこ行ったか知らん?」

  (あれ?お兄さんいないけどどこ行ったのか知らない?)

「ガソリンいれえいくっつって出てったにい。」

  (ガソリン入れに行くって言って出てったよ。)

「ホントけえ?そこんさあにある財布あんちゃあんじゃないだけえ。」

  (ほんとなの?そこにある財布ってお兄さんのじゃないの?)

「あ、そうだ。」

「金どうせるだかいねえ。」

  (財布がなくても支払いできるのかなあ。)

「忘れたっつって携帯かけてよこすじゃない?」

  (携帯で忘れたって連絡してくるんじゃないの?)

「携帯も横にあるじゃん。」

「ホントだ。あわっくいでホントしょんないなあやあ。」

  (ホントだあ。しょうがないなあ慌て者で。)

|
|

« おせん(第九・十話) | トップページ | こんなのないかなその1 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おせん(第九・十話) | トップページ | こんなのないかなその1 »