« CHANGEその3(第4・5話) | トップページ | あせりましたです »

*~にいと言う表現の複雑性

「にい」と言う言葉そのものを直訳すると「~するよ」というニュアンスであるが、イントネーションでその意味が微妙に変わる。もっとも共通語もそうなんだけど遠州弁の方がその差が大きいのかなと思って記載。

「行くにい」を例にとると

*「もう(先に)行っちゃうよ。」という早くしなさいと言う意味。もうひとつは待てないと言う意味。

例文

「なにしてるよー。はあ行くにい。」

  (何のそのそしてるの。もう行っちゃうからね。)

*「(私が)行きますから(そのままで)いいですよ。」というお構いなく・ご心配なく風な意味。

例文

「そんなのわし行くにい。だで座ってりゃええって。」

  (それくらい私が行きますから。ここで座って待っててくださればいいです。)

発音については文字では表現しづらいので、近くの遠州人にでも聞いてくだされや。

余談だが「行くだにい」なぞという言葉はないので「にい」の使い方は「だら・だに・らあ」とは違うのでなんでもかんでもケツにつければ遠州弁になるとは決して思わないように。どこぞの作品かは忘れたが、語尾になんでもかんでも「だにい」とつけてた「えせ遠州弁」を使ってて怒れた(憤慨した)記憶がある。

|
|

« CHANGEその3(第4・5話) | トップページ | あせりましたです »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CHANGEその3(第4・5話) | トップページ | あせりましたです »