« *せえ | トップページ | おせん(第九・十話) »

七月はなに観よか

四月にも書いたんで、図に乗って今回も。というかそろそろ減らさないと映画の感想残しに集中できない。もう下書きばかり溜まって実になってないのでそろそろ整理しないと。なのでいつも以上に決め打ちでいこうかなと。

流れ的に言うと、四月は尻すぼみというか最初面白いと思えたけど中盤以降私のツボからはずれていってしまった作品が多くいかに私が平均的な視聴者ではないのかということを改めて思い知った訳ですが。冷静に考えてみれば視聴率を支えているのは女性であり、番組の観覧希望とかも含めて女性を視野に入れた作品つくりに精を出されていたということで、私は、はじかれ者だったということなのでしょう。さて七月以降もそういう傾向なのでしょうか。冷房要らずの冷え加減です。

*SG連なりで

モンスターペアレント・ひらっちが出るから。

あんどーなつ・しほりんが出てるから。

ゴンゾウ・伝説の刑事・ユイカが出てるから。ちなみに高橋一生さんと菅原大吉さんもSGに出ておられました。

以上は見る。観れる・感想残すかはなんともいえないけど見ますです。

*ストーリーが面白そうということで

シバトラ・仲間の愉しさが映ってたら面白そう。この面子でリアルかぶっとびありえねえ展開どっちが好きかと問われたらぶっとびの方が好きそうです。見てるものを笑わせようと舞台の上のお芝居みたいに大袈裟だと引くけれど小池さんならそういう芝居されないだろうと踏んでますです。仲間の大切さが伝われば愉しそうなドラマに思えます。

コード・ブルー・フジテレビが追い続けている医療テーマの作品だから。基本フジテレビドラマが一番性に合ってるせいもあるんですけど、継続は力なり。切り口や視点の斬新さ云々ではなくその流れを断ち切らないという姿勢が好きなので。それに寺島進さん、山下さんも出とられるし。

*役者さんを観たいからということで

Tomorrow・竹之内さんと菅野さんと岸部さんの三人が出とらすで。でもTBSのドラマってメリハリが少ないど直球勝負を得意とするから、現代医療への問題提起に真一文字に突っ走られるとしんどいかもしれないという気がしないでもないです。人間は多面体なんだから気が張ったり緩んだりとかの脇道とかもないとなんだかなあと思ってしまう私なのでそういうメリハリが薄味で尚且つこれでもかという本筋濃い目だったら白旗あげるかもというところであります。

まあ、役者さん観たいって言えば殆どの作品ごとに分散されていてほぼ均等に出とらすで、挙げてたらキリがないのですけど、四つの嘘だけは役者さんすげえ人ばっかじゃんチョー豪華でそそるとは思うのですがテーマ的についてける気がまったくしませんし、時間帯も見れませんですのでこれは女性向けと思って諦めますです。

あとはとりあえず初回見れるものは見て、予想外な良い作品が見つかったら嬉しいなというか得した気分を味わいたいですな。この時期視聴率が落ち気味になる時期だそうで、夏休みとかでお出かけしてしまうやらで展開が繋がらないと理解できない連続ドラマが不利ということになってるらしいんですが、やっぱ一話完結が主流を占めるんでしょうかねえ。そんなんだったら毎週きっちりやらなくても、隔週でも月一の放送ペースになってもいいから一話二時間半くらいのスペシャル各番組交代持ち回りで一日一ドラマって感じで毎日夏の花火のようにぶちかまして一夜の快楽に深くはまるってくらいのほうがいいんですけどね私としては。

|
|

« *せえ | トップページ | おせん(第九・十話) »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« *せえ | トップページ | おせん(第九・十話) »