« 浜松ついこないだの昔話13 | トップページ | 七月はなに観よか »

*せえ

単体だとなんのこっちゃということになるのだが

「おんしゃあなにせえ来ただあ。」となると判り易いと思われる「せえ」。

文章を訳すと「君はなにをしに来たんだ。」となる。関西でも使われる表現であろうから遠州独特と言う訳ではない。

女性言葉だと「なによーあんたあなにせえ来たよー。」

他には「しい」・「せい」という表現もあり意味的な違いはない。若干「せい」は老人語っぽいので年長が使うイメージがあり若い衆は「しい」を使う傾向があると思われる。

例文

「ほいじゃ、始めっか。」

  (じゃあ始めようか。)

「そうだの、始めまいか。」

  (そうですね、始めましょう。)

「軍手しんでええだか?」

  (軍手しなくてもいいのかい?)

「忘れた。」

  (忘れました。)

「(自分の分の)材料わあ?持ってきただか?」

  (材料はどこ?持って来たの?)

「持ってこんかった。」

  (持って来ませんでした。)

「やあ、おんしゃあなにせえ来ただあ。ヤル気あんだか?」

  (おいちょっとぉ。君何をしに来たんだい?ヤル気あるの?)

「ん~。よー知らんだよぉ。行けっつわれたもんで来ただけだもんで。」

  (えーとですね。それが良く分かってないんです。行けと言われたので来ただけなので。)

「馬鹿っつらあ。てんだう気ぃないんならいんくてもいいわ。」

  (おいおい、手伝う気がないのならいなくてもいいぞ。

|
|

« 浜松ついこないだの昔話13 | トップページ | 七月はなに観よか »

1-2・遠州弁せ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浜松ついこないだの昔話13 | トップページ | 七月はなに観よか »