« ラスト・フレンズその21(第10話) | トップページ | 古畑中学生・古畑任三郎生涯最初の事件 »

パズルその10(PIECE9)

今回のお宝探し(又空悔しですけど)は込み入ってましたです。村の長老に八名信夫さんを起用されてなんかあるんじゃないかとえらい惑わされました。数え歌という縛りに則って遂行された犯行をどうやってというトリック暴きが言われてみるまで分からなかったアホな私です。突っ込みを入れるなら蜜柑の山をいくら元気はつらつの高校生だとはいえあんなひょこいと持つなよ重いんだぞあれはという点はありますし、蜜柑の皮を物凄く綺麗に剥いて築きあげた山の労力が凄い手間だったろうなあとかはありますが。とにかく目立つとこ手を抜いてどうでもいいとこにえらく神経を注いでる遊び心なのかあえて私みたいなこういうぐちぐち言う奴のほざきを「言ってるよー。」と愉しんでるのかは分かりませんですがまともではないとこは嫌いじゃないです。勿論殺す動機とかが信じられないようなアンビリーバボーなもので、人間ドラマとしてみたら納得できないとこだらけなんでしょうけど。ドタバタ陽気に知恵の輪解くドラマだと考えれば別に苦にもならないところです。

どんどん安心してみていられるようになってると言うか、回を重ねるごとにあざとさが定着してきて練れてきてるようで観るのが愉しいです。犯人探しや動機がどうたらこうたらを醍醐味とするならばな~んだって言う表現をされる方もおられるでしょうが、手品の種明かし的なものとキャラクターのおかしさを愉しむものだとするならばこういう空気感ははまります。

ほぼお約束のオンパレード状態で息を呑むとか詰まるとか呼吸が乱れるような緊張感が張り詰めてる訳でなし、腹を抱えてアホだこいつらと思える弛緩感がある訳でもなし。要はなにごとにもやり過ぎないそこそこな部分のまったり感を愉しむものだと思っておりますです。なので、今やってるテレビドラマの中で一番繰り返し飽きもせずまったりと観れるドラマです私には。

これと似た空気感といえば「トリック」をつい連想してしまうのでどうしても比較してしまうのですが、まあスタッフさんとか同一ではないにしてもそんな大きく違いはなかろうてとか強引に考えて比べてみることにいたします。「トリック」も「パズル」もはまったことない人には意味不明でどうでもいい話しですけど。はまった人にとってもどうでもいい話しでもありますが。

主に因習とか祟りとかいった先祖がえりのような世界・空気感の中で人々が蠢いてお話しが綴られていく。これは双方に共通する点でしょう。都会での展開ということでなく「人里」という表現がピタリとはまるような情景の中で繰り広げられていくのですが、共に田舎が似合う感じがして馴染んでる感があります。パズルでは対比するように女子高3人娘がえげつなく浮かせているのが仕掛けなんでしょうか。

頭のいい奴を基本無能扱いする。学生という予備軍と教授という実際に功なり名を上げたという違いはあり、それがどう影響してるのか(いぢめがいがあるのか)。権威と面子を潰すというか茶化してる分トリックのほうがギャフン度合いは高くて爽快感はありますけど。

多少なりとも恋愛感情が生じているのと全くそういう感情ではない。パズルの鮎川の命令口調が段々と板についてきてはまってきた感じがしますです。

仲間さんも石原さんもそれまでのイメージを覆すキャラクター。どこぞの感想(個人の方の)で、石原さんの猫被った時の声や仕草があざといという感想述べられてるのを拝見したことありますが、逆に常日頃人を小馬鹿にしたような物言いばかりしてたら愛すべきキャラになりえない気がするのは私だけでしょうか。必要悪のような気がしてるのですが。

活動する時はほとんどお決まりの装い。ほぼ制服状態。アディダスの3本線は過去の遺物でありこれがブームになる筈もない格好ですが、懐かしくはありますです。ちいと年代的にづれてないかいと30代の服装には思えないのですがインパクトあるのは確かです。あれだけ一世を風靡した代物ですから自分も押入れの肥やしになって残ってないか調べたんですけどさすがにありませんでした。もし残ってたら着て試しに街でも繰り出してみようと思ったんですが2ストバイクのオイルがべったりだったんでしょうか記憶にないんですがどうも放棄したようで残念です。

それと、トリックってテレビで見た時よりもDVDで「やむ落ち」含めて長めに時間の尺の制限なしで観たほうが確実に面白かったので、パズルも期待してますです。もしかしたら以前にも書きましたがサスペンス劇場じゃないけどだらだらと長めの2時間枠のほうが相性いいのかもしれませんです。

しいて欲を言えば三人娘のキャラがもう少し安定してくれると嬉しいんですけど。やる事と言ってる事とか存在がどうのこうのということじゃあなくて、鮎川にならって裏表を露骨にギャップをつけて表現しなくてもいいんじゃないかということです。表の声のトーンと表情で裏も演じてくれたら面白いのにと思ってますです。

ついに来週最終回。DVDになって評価があがり、それじゃあとパート2が作られんことを願う次第であります。

|
|

« ラスト・フレンズその21(第10話) | トップページ | 古畑中学生・古畑任三郎生涯最初の事件 »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラスト・フレンズその21(第10話) | トップページ | 古畑中学生・古畑任三郎生涯最初の事件 »