« 5/7の記事 無限の色彩と小さな革命。を読んで | トップページ | *ゆう »

遠州人どっちが聞き取りやすい?

三河弁はほとんど遠州弁と同じなので、多少のざらつき感(単語とかの違い)はあるが聞き取りは楽である。では近隣はどうかという問題。ただし個人的な経験上の感覚によるものなのでこれが一般論や理屈的に正しいのかは定かではないのであしからず。尚、相手も方言で言ってきた場合のことなのでお互い共通語話してるつもりの場合の話しではありません。

まず駿河。一応同県ではあるが、厳密でなくとも違いが結構あって意外と会話してて何それ?と感じることが多い。イントネーションは同じなのだが単語の意味に共通点が少ないからである。

次に尾張。これは駿河と対照的でイントネーションは異なるのだが単語そのものは共通項が多く、真似して話すことは出来ないがヒアリングにおいては問題ないことが意外と多い。

三重県。伊勢・志摩・伊賀の国であるが正直どういう違いがあるのかすら知らない不勉強者ですが、経験として一度三重から来た偉いさんの発する言葉が皆目見当もつかなかったことがある。関西風のイントネーションなどもあってゆっくり話して貰わないと聞き取れない。初対面だと遠州人にはまず聞き取れない未知の言葉なのかもしれない。

長野県。実体験であまりお付き合いがないので分かりません。

岐阜県。岐阜市とかは名古屋に近いので余り苦にならないが、奥美濃・高山といった辺りだとちんぷんかんぷんである。

|
|

« 5/7の記事 無限の色彩と小さな革命。を読んで | トップページ | *ゆう »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41128705

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州人どっちが聞き取りやすい?:

« 5/7の記事 無限の色彩と小さな革命。を読んで | トップページ | *ゆう »