« *いじくる・いじくりまわす | トップページ | CHANGEその2(第3話) »

*パーマをあてる

共通語だと「パーマをかける」だが、「あてる」の方がなんかしっくりくる表現。全国的な表現で標準語ではないというだけの話しではあろうが。一応遠州でもこう使うということで。

あてる(当てる)の意味は「あてがう」ものさしをあてがう(物差しで計る)とかいった意味かと思われる。カーラーを巻くというかカーラーをあてがうということで「あてる」という言葉を使ってるような気がする。もちろん熱をあてると言う意味も考えられる。

例文

「おお!随分にこざっぱりしちゃったじゃん。」

「だらあ。気合入れてパーマあててきただよお。」

「入れ過ぎだらあ。知らん衆だと恐い人にしか見えんにい。」

「ちりちりにしてもらい過ぎただかいやあ。まあええらあ。」

「知らんにい。ガンつけられても。そんときゃわし知らん振りするでねえ。」

|
|

« *いじくる・いじくりまわす | トップページ | CHANGEその2(第3話) »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41322110

この記事へのトラックバック一覧です: *パーマをあてる:

« *いじくる・いじくりまわす | トップページ | CHANGEその2(第3話) »