« ラスト・フレンズその12(第6話) | トップページ | *くちきける? »

いやあ、にやけましたです

5/16のめざましテレビととくダネ!。なんかバレーのお話しとかでTBSの小林アナウンサーさんがゲストで出とられまして。それはそれで新鮮で面白かったんですが、それよりも大塚さんとか小倉さんとか渡辺アナウンサーさんとかのでれでれ具合にホント見てるこっちまでにやけてしまいましたです。朝もはよから笑わせてくれて今日も一日お元気にってか。

ほんとフジテレビってこういうお客さんを招くのが素直で上手い局だなあと思いますです。基本姿勢が自分たちが楽しいという雰囲気で招き入れる感じがして屈託がなく愉しめる勢いを感じます。アットホームな我が家に迎え入れると言う表現のほうが分かりいいんですかねえ。

他局のアナウンサーという芸能人とは異なるライバル(同業者)ゆえの色んなしがらみがあろう筈なのにこんなチャンスは滅多にないとばかりに芸能人さんの番宣お約束路線並にめざまし→とくダネ!と続く道筋は、使えるものは骨までしゃぶれ的な感じも確かにする貪欲さは感じまするが、そういうえげつなさを凌駕する楽しさでした。あのはしゃぎようを見たら誰だってそう思えてきますですよ。対比するかのように女性陣の呆れ様も素直な感じで作っていないというか我慢してないところが自然でしたです。放送終了後に女性陣が裏で贔屓だとむかつくかどうかは知りませんが。

こんどはおそらく返礼として平井アナウンサーさんがTBSに行かれるんだろうなあと予想はされますが、TBSはチェックしてないのでフジテレビとの社風の違いとかを比べることはできないんですが、はたしてここまで楽しい画面をTBSは提示されるんでしょうか気にはなるところです。でも、違いはなんとなしに基本カメラ目線のTBSと普段はそうじゃないフジテレビというのは今日分かった感じはしましたです。この効能はTBSが視聴者に向かって発言しているという姿勢に対してフジテレビがそこで行われている人達の会話の様を中継して送って視聴者がその輪の中にいるように思える作り方なのかなと。

とにもかくにも今日のは観てて面白かったです。素直にそう感じましたです。朝から笑うってのは案外元気が出るもんだなと思いました。こってりは流石に?ですけど。笑いって夜の嗜好品かと勝手に思ってたんで新鮮な体験しましたです。

|
|

« ラスト・フレンズその12(第6話) | トップページ | *くちきける? »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41224720

この記事へのトラックバック一覧です: いやあ、にやけましたです:

« ラスト・フレンズその12(第6話) | トップページ | *くちきける? »