« アップデートにがんこ時間かかった | トップページ | 言葉の綾なんですけどね »

*「~さ」という愛称

じいさ(お爺さん)・ばあさ(おばあさん)・おっかさ(おふくろ)・おとっさ(親父)・にいさ(兄さん)・あねさ(お姉さん)

と言う風に使われる。場合によっては「~さあ」と「あ」がつく表現も存在する。

要は「~さん」と言う表現から「ん」が抜けた訳であるが、「ひょうきん」が「ひょんきん」とか「駄目になってる」が「駄目んなってる」などのように「ん」を多用するのが遠州弁の特徴でもあるのだが、何故かこの表現においては「ん」が省略されている。

例文

「じいさのとこ寄ってったら葱くれた。」

「あれえ助かるやあ。買いいかんで済んだだよお。でもなんか返さんとかんだかいねえ。」

「ええらあ別に。」

「ふんとにい?後であそこの嫁気が利かんって言われやへんらねえ。」

「言われんらあ別に。ばあさうるさいこと言わん人だで、ええと思うよお。」

|
|

« アップデートにがんこ時間かかった | トップページ | 言葉の綾なんですけどね »

1-2・遠州弁さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41189295

この記事へのトラックバック一覧です: *「~さ」という愛称:

« アップデートにがんこ時間かかった | トップページ | 言葉の綾なんですけどね »