« ハチワンダイバーその2 | トップページ | ナルニア国物語第一章 »

*に=のに

「やるに早い」(やるのに早い)というように「~のに」を遠州では「~に」と言う場合が多い。「の」抜きの表現。

では、「のが」の場合はというと、「やるが早い」というかというと微妙である。「やるが早い」だと「やる方が早い」という意味になるので決して手早いという意味にはならないので「のが」=「が」という「の」抜きの理屈になりにくい。むしろこの場「やるんが早い」というように「んが」=「のが」の方が納得がいく。

同様に「ので」になると「やるで早い」は「やるから早い」と「やるので早い」というほぼ同じ意味になるのでこれはアリかも。ただし「で」ではなく「でえ」になるのが遠州弁ではあるが。これも「のが」と同様「んで」という表現も一般的である。

「んに」という表現はいいにくいので使わないのであろうか。それと「にい」(~だよ)という表現と紛らわしいから使わないのか。

例文1

「500円。」

「なによー返すに金とるだ?」

「3日も延滞してりゃ普通取るらあ。」

例文2

「あんた髪ん伸びるに早いねえ。」

「ゆうとくけどスケベじゃないでねえ。」

「誰もそんなことゆってもしんにい。」

例文3

「こっから天竜行くにどんくらいかかるよお。」

「ちゃっと飛んできゃそんながんこかからんよ。」

「歩くとどうなるでえ。」

「夜があけるわあ。」

「まだ朝だにい。」

「だで無理だっつってんじゃんか。」

|
|

« ハチワンダイバーその2 | トップページ | ナルニア国物語第一章 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41211803

この記事へのトラックバック一覧です: *に=のに:

« ハチワンダイバーその2 | トップページ | ナルニア国物語第一章 »