« ラスト・フレンズその10(第5話) | トップページ | ラスト・フレンズその11(第5話) »

報道より先に

山田優さんに関するニュースで、山田さんのブログでのコメントが芸能ニュースで引用されていた。まあ普段よくある光景で特別ということのない話しなのではありまするが。

報道でブログを紹介されてどれどれとブログに伺う完全なる後追いタイプなんですよ私は。つまり普段読者させていただいている方のブログ記事がニュースに転化するということが初めての経験だったんですわ。

山田さんは「アキハバラ・・・」と「プルコギ」の映画二本拝見させていただいて、男子の中に混ざると映える人だなあと感じていて、で、「ボンビーメン」始まる前くらいから読者しだしたんですけど、どこぞのテレビで小栗さんの呼び方の変化とかそれらしく解読されてましたけれど、私の甘い読み方ではとてもそこまで読み取れない明快に告知・近況報告的な文章を書かれるお方だなあとお見受けいたしておりました。

でも不思議なもんですよねえ、テレビとかで騒がれる前に読んだブログ記事とテレビのテロップで引用として流されるブログ記事って、なんか受け取る印象が違った感じがしましたです。あまりというよりほとんど人の恋路に興味はないからなのでしょうかプロが煽る・盛り上げるとはこういうことを言うのかと。

いずれにせよ今日のテレビとか見てると「潔い」とかで好意をもって迎えられてる印象を受けますんで今回私は発表の成功例を見たということになるのでしょうけど。ホント炎上でなくてよかったなあと素直に感じますです。

話し脱線しますけど、私が役者さんのブログとかにお邪魔する理由は、依頼された役柄についてどう取り組むかとかどう取り組んだとかのお芝居に対する心意気みたいなものを読み取りたいなという希望があって徘徊させていただいてるんですが、ネタバレになるとか芝居は技術だから無暗に教えないといったしがらみのルールや機密事項や企業秘密なんでしょうか。周知告知・現場のレポート・感覚(楽しかったか頑張ったか)的な内容のものが殆どでなかなか何と格闘したのか何を表現したかったのかというようなことを書くブログとかに出会えませんです。監督さんとかのブログだと結構そういう面を見せてくれる方がたまあにおられるんですが、役者さんは色々と制約があるんでしょうかね。そこんとこが残念といえば残念な部分です。少なくとも今のやり方が役者人生続ける限り変わらないことばかりなら書き留めることもないのでしょうが、もし自分でも気づかないうちに変わっていくとしたら時が経って読み返したらその変化に気づくこともあるやも知れぬと。役に近づくためのやり方とか精神的な持って行き様とか。衣装の選択基準とか。

舞台挨拶という限られた人に限られた時間でしかも人前でという緊張の中で語るよりも、ブログとかでじっくり語って欲しいものであります。その方が伝わるものが深いんじゃないのかなと思う次第であります。インタビューとかだと質問されなきゃ言いたくても言えないじゃないですか。

|
|

« ラスト・フレンズその10(第5話) | トップページ | ラスト・フレンズその11(第5話) »

2・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41143898

この記事へのトラックバック一覧です: 報道より先に:

« ラスト・フレンズその10(第5話) | トップページ | ラスト・フレンズその11(第5話) »