« *パーマをあてる | トップページ | *ったった »

CHANGEその2(第3話)

風邪引いたみたいで頭が痛いっす。なんで非常にぼやけた印象でしか興せませんです。

とりあえず啓太先生の溜めた間の喋り口調がとても印象に残りましたです。政治のプロでなく庶民の代表と言う目線を強調するための演出としてのものでしょうし、自信無さげの表現ということでもあるのでしょうか。もし躊躇なしの立て板に水みたいだったらどう映るんでしょうかねえ。こいつも所詮いつか政治家になるんだろうなあと思えちゃうんでしょうかねえ。チェンジというのは啓太がではなくて周りがと言う意味だと思っているのでそういう意味での進化は無しで進んで欲しい感じはしてますです。

それにしても2回で早くも総理の座につかれて。これからは具体的な政策をドラマの中で展開されていくのでしょうか。そうなると現実の政治に対するあてつけみたいな物も出てくるのでしょうか。それとも思いっ切り理想論ぶち上げて現実と被らないようにするんでしょうか。

リーダー論という人間で詰めてくのか施策と言う情景の対応で詰めてくのか。まあおそらくはリーダーとはかくあらんという視点になるような気がしてますけど。

その前に来週は組閣が売りなんでしょうね多分。もう選挙は暫くはなさそうなので阿部さんの出番はどうなるんでしょうねえ。次の総選挙まで暫しのお休みは嫌ですなあ。毎週深津さん達とトリオ組んでて欲しいところです。

|
|

« *パーマをあてる | トップページ | *ったった »

2・2008年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/41334799

この記事へのトラックバック一覧です: CHANGEその2(第3話):

« *パーマをあてる | トップページ | *ったった »